ファッション

低身長男性の着こなし術

低身長で男性の場合、着こなしを失敗すると益々ちいさく見えてしまったりみすぼらしく見えてしまいます。

低身長の有名人・芸能人

一昔前までは、若い女性が結婚相手に求める条件の一つに高身長が含まれていました。しかし、最近では身長が高いだけで女性からモテるといった時代では無くなりつつあります。経済力や外見同様かそれ以上に性格や価値観の一致、やさしさなどに魅力を感じる女性が半数以上と言われています。低身長の有名人や芸能人を理想の恋人や結婚相手に上げる女性も多く、高い好感度を得ている方も多くいます。国民的アイドルグループのメンバーでもある嵐の大野智さんやスマップの中居正広さん、V6の森田剛さんなどは、低身長を全く感じさせないパワフルなダンスや素晴らしい演技力で多くのファンを魅了しています。また、音楽性やカリスマはもちろん、ファッションセンスでも世界から注目されているラルクアンドシエルのHYDEさんも低身長など何の問題も無いと言えるほどステージ上で圧倒的な存在感の持ち主です。低身長の女性有名人や芸能人といえば、アイドル的な可愛らしいといったイメージの方を思い浮かべる方も多いでしょう。小泉今日子さんや木村カエラさんのように可愛らしさに加え、女性らしさや個性的な魅力を持った方も多く、低身長の有名人や芸能人は女性からの好感度も高い方が多いと言われています。身長が高く無ければなれないと言われていたモデルですが、最近は低身長のモデルも活躍しており、等身大の魅力が読者から高い支持を得ています。

男性が着てはいけないアイテム アイテム選び

低身長である事にコンプレックスを抱えている男性はとても多く、少しでも身長を高く見せたいと努力している方も少なくありません。少しでも低身長をカバーする為にはアイテム選びが重要です。コツさえ心得てしまえば、低身長を上手くカバーする事ができます。低身長の男性が着てはいけないアイテムの一つにロング丈のトップスがあります。ロング丈のカーデガンやプルオーバーなどは、目線を下に向けさせてしまう為、身長の低さがより目立ってしまいます。身長をカバーするコツとして最も重要なのが目線を上に向けさせる事です。腰丈程度のカーデガンやシャツなどを選ぶと良いでしょう。また、ダボダボしたデザインのアイテムも避け、細身のスッキリしたデザインの物を選ぶようにします。腰で履くタイプのパンツも避けた方が良いでしょう。足を長く見せる効果があるブーツカットタイプのパンツは、効果的なアイテムです。靴のデザインが懲りすぎていたり派手な物も目線を下に向けさせてしまう為、避けた方が良いでしょう。パンツと同系色のスッキリしたデザインのブーツは、足を長く見せる効果があります。Tシャツもダボダボしたデザインや大きな柄で派手すぎるタイプの物より、すっきりした細身のタイプを選ぶと方が低身長をカバーする事ができます。

似合うアイテムは? 印象を大きく変える

低身長男性でもオシャレに流行のファッションを着こなしている方はとても多くいます。その一方、低身長をさらに目立たせてしまっている残念な着こなしの方も少なくありません。同じ身長でも相手への印象を大きく変えてしまうのは、服選びに大きな違いがあります。低身長男性の場合、相手の視線を上に向けさせる事と縦に細身のラインを意識した服選びをするとよいでしょう。<br />低身長男性に似合うアイテムを上手く取り入れると良いでしょう。視線を上に向けさせる効果が高いアイテムとしてブルゾンやベストなどがあります。ロングタイプは身長をさらに低く見せてしまう為、ジャストサイズの物を選びます。べストにプラスして首元に細身のチェーンで小ぶりなネックレスなどをアイテムとして加えると、視線を上に集める事が出来る為、効果的です。マフラーや首回りにボリュームのあるプルオーバーなども良いでしょう。靴はカラフルな物や存在感のあるタイプより、ロングノーズで踵のあるブーツなどでスッキリとまとめるようにします。下半身をすっきり見せ、縦のラインを作るスリムタイプのパンツは低身長男性にお勧めのアイテムですが、スキニ―は足の短さを目立たせてしまう為、避けた方が良いでしょう。

ぽっちゃり型の着こなし術 ダボダボの洋服を着てませんか?

ぽっちゃり型の方に多いのが体系をカバーしようとダボダボの洋服を着てしまう事です。ダボダボしたトレーナーにジーンズといった服装では、ぽっちゃり体型をさらに強調してしまう上に、あか抜けない印象を与えてしまいます。低身長の場合は、ぽっちゃりだけでなく身長の低さも強調してしまいます。低身長でぽっちゃり型の着こなし術をマスターする事で、すっきりとした印象を与える事ができます。ぽっちゃ型の場合、上半身と下半身の色を統一すると体系をカバーする事ができます。ピンクや白といった膨張色は余計に太って見えてしまう為、インナーとして少しのぞかせる程度に使用します。全身のメインカラーは黒やチャコールグレー、カーキなどのダーク系カラーでまとめます。低身長の場合、上に視線を持っていくようにするとカバーする事ができます。<br /><br />その為、襟元や首元にキレイ目カラーを使用すると目を引きつけさせる事ができます。具体的には、インナーにキレイ目カラーのシャツを使用し、襟元だけをのぞかせる方法や、マフラーをポイント的に使用するなどすると良いでしょう。ぽっちゃり型の場合、全身すべてダークでまとめてしまうよりポイント的にキレイ目カラーを使用するとオシャレ度がアップします。失敗しがちなのが靴選びですが、パンツと同系色の物を選ぶようにしましょう。

痩せ型の着こなし術 体に合ったサイズの洋服選び

低身長で痩せ型の男性の場合、着こなしを失敗するとプアーな印象を与えかねません。特に痩せているのを隠そうとダボダボしたトレーナーなどを着てしまうと、逆に痩せている事を強調しかねません。低身長で痩せ型の場合、体に合ったサイズの洋服選びが大切です。特にトップスは印象を大きく左右します。シャツやジャケットは肩幅に合った物を選ぶようにするとよいでしょう。低身長の場合、ロング丈の物を着てしまうとさらに身長の低さを強調してしまいます。腰丈、ベルト丈の物を選ぶようにします。首回りにボリュームを持たせると視線を上に持っていく事ができ低身長をカバーする事ができます。首回りにボリュームがあるプルオーバーなども良いでしょう。Tシャツの上にベストやダンガリーシャツなどを羽織ると痩せ型をカバーする事ができます。上半身をキレイ目カラー、下半身をダーク系でまとめると視線を上に集めやすく、効果的です。<br />全身に使用するカラーを限定し、襟元などにキレイ目カラーのシャツなどを刺し色にして上半身と下半身に統一感を持つようにすると良いでしょう。ボーダー柄は痩せ型をカバーしてくれる効果がありますが、低身長の場合はポイント的にインナーに活用し、見える部分を少なくすると効果的です。