食べ物

ウィスキーの五大産地

世界五大産地とは、スコットランド、アイルランド、カナダ、アメリカ、日本で、それぞれに異なった味わいを楽しむ事ができます。

世界の五大ウィスキー

ウィスキーを選ぶ場合、世界五大産地それぞれの特色を知っておくと役立ちます。世界五大産地とは、スコットランド、アイルランド、カナダ、アメリカ、日本で、それぞれに異なった味わいを楽しむ事ができます。スコットランドのスコッチ・ウィスキーは世界的にも高い人気があり、数多くの有名銘柄があります。原料である大麦や穀類させる為にピート(泥炭)を使用する為、スモーキーフレーバーと呼ばれる独特の香りを持ちます。ハイランド、スペサイド、ローランド、アイラ、キャンベルタウンの五つの地域を伝統的な地域として定めています。アイルランドのアイリッシュウィスキーはピート(泥炭)を使用しない為、スモーキーフレーバーがありません。まろやかな風味とトロリとしたなめらかな舌触りが特徴です。蒸留を複数回行う為、なめらかな口当たりと軽やかな風味を楽しむ事ができます。カナダのカナディアンウィスキーは、ライ麦を主な原料としたフレーバリングウィスキーとトウモロコシを主な原料としたベースウィスキーをブレンドしています。ライ麦の香りとライトな飲み口が特徴です。五大ウィスキーの中で最も飲みやすいと言われ、ウィスキーを初めて飲むという方にも最適です。和食などの料理にも合いやすいものが多く、ウィスキーを手軽に楽しみたいと方にも向いています。バーボンやテネシーなど華やかな香りが特徴のアメリカンウィスキーは、内側を焦がしたホワイトオークの新樽で熟成させたウィスキーです。独特の色合いや甘味ある香りが特徴で、世界的に高い人気があります。特にバーボンは、「ハードボイルドな酒」「強い男の酒」といったイメージが強くもたれているお酒で有名ロックアーティストの愛酒として選ばれる事が多いお酒でもあります。スコッチの伝統を受け継いで造られたジャパニーズウィスキーは、スコッチよりスモーキーフレーバーが少なめで、穏やかな香りと楽しむ事ができます。深いコクの中にもバランスの良い味わいを楽しむ事ができます。

ジャパニーズウィスキーとは

日本が世界に誇るものの一つに「ジャパニーズウィスキー」があります。ジャパニーズウィスキーとは、日本で造られたウィスキーの総称で、スコッチウィスキーを手本に造られています。明治末期から大正時代にかけては、日本国内でウィスキーの製造へ向けての活動が活発になります。摂津酒造は技師である竹鶴政孝をウィスキーの生産地であるスコットランドへ派遣します。摂津酒造の得意先であった寿屋洋酒店(現サントリー)の創業者である鳥井信治郎氏はウィスキー製造の為の蒸留所建設を考えていました。1924年、大阪の山崎に日本初のウィスキー蒸留所が建設されます。鳥井氏、竹鶴氏による日本でのウィスキー造りが行われますが、やがて二人は袂を分かちます。1934年には竹鶴氏により、気候や地形が似た北海道余市大日本果実(ニッカウィスキー)の蒸留所が建設されます。戦後、アメリカ軍と軍関係者の為に提供されていたジャパニーズウィスキーは、アメリカ人将校たちから好評を得て、さらに品質が上昇していきます。その後、寿屋は日本人向けにウィスキーの販売を行い始めます。「トリス」「オールド」は瞬く間に人気となり、昭和30年代には東京や大阪の繁華街に多くの「トリスバー」が開店しました。スコッチの伝統を元に、日本向けに造られたウィスキーは、世界の品評会でも高く評価されています。ジャパニーズウィスキーは、スモーキーフレーバーが抑え目で、軽い口当たりが特徴です。様々な工夫がされており、個性ある銘柄が数多くあるのもジャパニーズウィスキーの特徴の一つと言われています。かつて大人気となったハイボールは、ウィスキーを日本人が手軽にウィスキーを楽しむのに最適な飲み方と近年再び高い人気となっています。

カナディアンウィスキーとは

世界五大ウィスキーの一つでカナダで造られたウィスキーをカナディアンウィスキーと呼びます。アメリカの独立戦争後に、独立に批判的だった英国系の人々がカナダに移住を行い、生産した穀物を使用して造ったのが始まりと言われています。以前は、ライ麦を使用したウィスキーが多くを占めていましたが、トウモロコシを主原料としたウィスキーが多くなり、現在ではこれらをブレンドしたものが主流となっています。ライ麦を主原料としたものを「フレーバリングウィスキー」、トウモロコシを主原料としたものを「ベースウィスキー」と呼びます。この二種類をブレンドする事で、ライ麦独特の素晴らしい香味の中に軽やかでなめらかな風味を感じさせるウィスキーとなります。カナディアンウィスキーは、ウィスキー初心者に最適なウィスキーとも言われています。ウィスキーが苦手という方でも飲みやすいと感じる方が多く、カクテルのベースにも適しています。一般的にウィスキーは食後酒として飲まれる事が多いお酒ですが、カナディアンウィスキーは食中にも適したウイスキーです。食前酒としてもぴったりで、手軽にウィスキーを楽しみたい時にも最適です。日本でも「カナディアンクラブ」「クラウンローヤル」は人気の高い銘柄で、上品な味わいを楽しむ事ができます。ライ麦の比率が51%以上のものは「ライ・ウィスキー」と呼ばれます。

スコッチウィスキーとは

ウィスキーの本場として世界的に有名なのが、英国スコットランドです。スコットランドで作られるウィスキーは、スコッチ・ウィスキーと呼ばれ、世界五大ウィスキーの一つとして知られています。麦芽を乾燥させる際に泥炭(ピート)を使用する為、スモーキーフレーバーと呼ばれる独特の香りを持ちます。生産地は、ハイランド、ローランド、スペイサイド、アイラ、キャンベルタウンの5地域に分別されています。それぞれ地域ごとで個性が異なる上に、各蒸留所ごとでも違った味わいとなるなど様々なウィスキーを楽しむ事ができます。「穀類を原料として、酵母により発酵させ、アルコール分94.8度未満で蒸溜し、700L以下のオーク樽で最低3年以上熟成させ、最低瓶詰めアルコール40度以上」といった定義がされており、これを満たさなければスコッチ・ウィスキーと呼ぶ事ができません。スコッチ・ウィスキーには、大麦だけを原料としたモルトウィスキーとその他の穀類を原料としたグレーンウィスキーが作られています。ひとつの蒸留所だけで造られたものは「シングルモルト」と呼ばれます。シングルモルトは品質の安定が難しい為、大量生産ができず、希少価値が高い傾向にあります。生産地域ごとの特徴を知っておくと自分の好みにあったシングルモルトウィスキーを選ぶのに役立ちます。異なる蒸留所のモルトウィスキーを混ぜたヴァッテッドモルトは、絶妙のバランスを味わえる逸品も多く、シングルモルトに比べて手軽に楽しむ事ができます。スコッチ・ウィスキーは、モルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドしたブレンデットウィスキーにも素晴らしい銘酒が多い事で知られています。

アイリッシュウィスキーとは

世界五大ウィスキーの一つであるアイリッシュウィスキーは、アイルランドで造られるウィスキーの総称です。スコットランドで造られるスコッチウィスキー同様に、大麦を主原料として造ります。スコッチウィスキーは、ピート(泥灰)で香り付けを行いますが、アイリッシュウィスキーは、ピート香を付けていません。その為、まろやかで軽い風味を味わう事ができます。トロリとした舌触りで甘味ある風味もアイリッシュウィスキーの特徴の一つです。アイルランドは世界最古のウィスキーの生産地と言われており、かつては多くの蒸留所があった地でした。しかし、多くの蒸留所が閉鎖や合併に追い込まれた為、現在では少数の蒸留所しか残されていません。アイリッシュウィスキーには、ピュアポットスティルウィスキー、モルトウィスキー、グレーンウィスキー、ブレンデットウィスキーの四種類があります。特にピュアポットスティルウィスキーはアイリッシュだけのもので、モルトにした大麦と未発酵の大麦やオート麦を配合して造られたウィスキーです。アイリッシュウィスキーをベースにした「アイリッシュコーヒー」は女性にも人気の高いカクテルです。寒い季節に体を温めてくれるホットカクテルで、ウィスキーが苦手という方でも手軽に楽しむ事ができます。

グレーンウィスキーの特徴

「サイレント・スピリッツ」と呼ばれるグレーンウィスキーは、トウモロコシや小麦などの穀類を主原料としたウィスキーです。個性豊かで風味が強いと言われるモルトウィスキーに比べると、風味が軽く、穏やかな味わいで強い個性が感じづらい為、静かなお酒と呼ばれるようになりました。モルトウスキーは単式蒸留器を使用しますが、グレーンウィスキーは連続式蒸留器を使用します。その為、モルトに比べて香りが付きにくく、薄い仕上がりとなります。グレーンウィスキーはモルトウィスキーとブレンドした「ブレンデット・ウィスキー」として使用される事が多いウィスキーです。モルトウィスキーの強い個性にまろやかな風味を加え、奥深い味わいを引き立たせています。1980年代後半頃から、世界的にシングルモルトウィスキーが大人気となっており、グレーンウィスキーはあまり注目される事の少ないウィスキーと言われています。多くがブレンド用として使用されていますが、長期間熟成させたものも少数存在し、希少価値が高いウィスキーとして扱われています。トウモロコシを主原料としたバーボンもグレーンウィスキーとなりますが、熟成させる樽に違いがあります。バーボンはホワイトークを使用した樽の内側を焦がして樽熟成を行います。通常のグレーンウィスキーはホワイトオークを使用した新樽を使用しますが、内側は焦がしていないものを使用します。