食べ物

モルトウィスキーの特徴

スコッチ・ウィスキーの場合、生産地を「スペサイド」、「ハイランド」、「ローランド」、「キャンベルタウン」、「アイラ」、「アイランズ」の地域に大別しています。

シングルモルトの特徴

大麦だけを原料としたモルト・ウィスキーは、個性的で豊かな味わいを楽しむ事ができるウィスキーです。スッコッチウィスキー、ジャパニーズウィスキーの場合、モルトウィスキーの中でも単一の蒸留所だけで作られたモルトウィスキーを「シングルモルト」と呼びます。アメリカの場合は大麦を51%以上使用したものを「シングルモルト」と呼びます。一般的には、単一の蒸留所だけで作られたものを表す事が多く、それぞれの蒸留所ごとに異なる味わいや風味が生まれます。また、地域によっても味わいは異なり、違いを楽しみながら飲む事ができます。スコッチ・ウィスキーの場合、生産地を「スペサイド」、「ハイランド」、「ローランド」、「キャンベルタウン」、「アイラ」、「アイランズ」の地域に大別しています。ウィスキーのロールスロイスと呼ばれ日本でも大人気の「マッカラン」はスペサイド地方のものです。同じ地方でも蒸留所ごとに味も香りを色合いも口当たりも大きく異なります。また、シェリー樽を使用したもの、内側を焦がしたバーボン樽を使用したものでも違いが生まれます。それぞれの土地による特性や水なども大きく関係しており、各地域の特性を知っておくとお気に入りのウィスキー選びに役立つでしょう。シングルモルトウィスキーは、品質の安定が難しい事から大量生産されず、長期間熟成させたものは高級酒として取り扱われるものが多くなっています。

ヴァッテッドモルトの特徴

大麦だけを原料としたモルト・ウィスキーは、シングルモルト、ヴァッテッドモルトとに分類されます。スコッチウィスキー、ジャパニーズウィスキーの場合、シングルモルトは一つの蒸留所だけで造られたモルトウィスキーをいいます。ヴァッテッドモルトは、いくつかの異なる蒸留所のモルトウィスキーを混ぜ合わせてできたモルトウィスキーをいいます。「ヴァット」とは「大きな桶」との意味で、混ぜ合わせるという意味があります。ヴァッテッドモルトの中でも、同一の蒸留所内だけで混ぜ合わせたものをピュアモルトといいます。シングルモルトは、各蒸留所ごとの個性が強く現れており、癖が強いものも数多くあります。ヴァッテッドモルトは、それぞれが持つ個性を絶妙に引き立たせたものが多く、奥深い味わいを楽しむ事ができます。スコッチウィスキーで有名な銘柄の「バランタイン・ファイネス」は、40種類のモルトウィスキーの原酒を混ぜ合わせたモルトウィスキーです。シングルモルトウィスキーに比べて価格も手頃なものが多く、初めてモルトウィスキーを楽しみたいという方にも最適です。ウィスキーは食前には割って飲み、食後にはストレートで楽しむとよいと言われています。ウィスキーをベースにしたカクテルも多くあります。クリーミーで飲み口のよいカクテルもあり、女性やウィスキーが苦手な方でも手軽に美味しく楽しむ事ができます。

ブレンデッドウィスキーの特徴

ウィスキー市場の8割から9割を占めるのがブレンデッドウィスキーです。ブレンデッドウィスキーは、モルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドしたものをいいます。通常は十数種類程度をブレンドしていますが、中には四十種類ものウィスキーをブレンドしたものもあります。ブレンデッドウィスキーの特徴は、個性が強いモルトウィスキーにグレーンウィスキーのまろやかな風味が加わり、奥深い味わいの中にも柔らかさがあるという点です。近年、世界的にシングルモルトウィスキーの人気が高まり、「本格的なウィスキーといえばシングルモルトに限る!」との意見も多くなりつつあります。しかし、ブレンデットウィスキーの歴史は古く、熟練のブレンダーによって作り上げられた味わいは、ウイスキーの王道とも言われています。同じ蒸留所のモルトをメインにしていても、マスターブレンダーのブレンド一つで仕上がりは大きく異なります。「バランタイン」「オールド・パー」「ジョニーウォーカー」「シーバスリーガル」など有名銘柄も多く、世界各国で高い需要と根強い人気があります。ブレンデットウィスキーはカクテルのベースとしても最適で、ウィスキーが苦手な方にも手軽に楽しめるものが多くあります。

アメリカンウィスキーとは

世界五大ウィスキーの一つであるアメリカンウィスキーはアメリカで作られているウィスキーの総称です。五大ウィスキーの中でもバニラやカラメルにも例えられる甘味ある味わいが特徴です。アメリカンウィスキーの中でも特に高い人気となっているのがバーボンウィスキーです。バーボンはトウモロコシを主原料としたウィスキーで、51%以上80%未満を使用が定められています。トウモロコシを80%以上使用したものはコーンウィスキーと呼ばれます。ホワイトークの新樽の内側を焦がした樽で熟成させる為、独特の色合いと華やかな味わいを楽しむ事ができます。バーボンはアメリカのアルコール法により、厳しい基準が定められており、それらの条件を満たしたものだけがバーボンとして流通する事ができます。バーボンと並んで世界的に高い人気となっているのが、テネシーウィスキーです。テネシー州で造られたウィスキーで樽熟成の前にサトウカエデの木炭によて濾過を行います。バーボンが荒々しい深いコクのある味わいと称される一方、テネシーはシャープでクッキリとした味わいと称されます。テネシーはカクテルのベースにも最適です。アメリカンウィスキーにはライ麦を多く使用したライウィスキーと呼ばれるものもあります。