生活

育児ストレス

小さな子供を抱えて一人で頑張っているシングルマザーが増えています。仕事をしながら家事をこなし、育児も行わなくてはならずたくさんのストレスを抱えてしまう場合がとても多いのです。

シングルマザーに多い育児ストレス

日本では年々離婚が増え続けており、小さな子供を抱えて一人で頑張っているシングルマザーが増えています。シングルマザーの場合、家計を支える必要もあり、仕事をしながら家事をこなし、育児も行わなくてはなりません。よってたくさんのストレスを抱えてしまう場合がとても多いのです。また、将来的な不安は大きなストレスの要因となっています。経済的な心配を抱えるシングルマザーも多く、そのストレスのはけ口が子供に向いて虐待となってしまう事も少なくありません。一人で頑張っているシングルマザーの育児ストレスを少しでも解消する為には、相談できる場所がある事が大切です。悩みを打ち明け励ましてくれる場所を積極的に作るようにしましょう。インターネットでもシングルマザー達で作るサイトなどがたくさんあります。悩みんでいるのは自分だけでは無いと感じる事はとても大切です。アドバイスをくれたりと有益な情報を得る事もできるので積極的に活用しましょう。また、子供とも仕事とも家事とも離れた自分だけの時間を作るようにすると良いでしょう。預けられる家族や知り合いやいない場合は、一時預かりの託児所を利用するとよいでしょう。趣味に打ち込んだり、映画を見たり、日帰り旅行にいったりと自分だけに時間を楽しむようにします。その際には決して罪悪感を持たない事も大切です。子供も託児所で楽しんでいると思い、自分をリセットする時間を大切にしましょう。さらには友達との時間や新たな恋をする時間や場を積極的に作ると良いでしょう。母親としての時間と女性としての時間を楽しむようにすると良いでしょう。

意外とストレスが溜まる育児


十ヶ月間お腹の中で育んできた命ようやく出会える出産の感動を人生最高の一時と感じる母親がほとんどでしょう。生まれたても赤ちゃんは天使のようにかわいらしく、泣いてもオムツを汚しても愛らしいものです。しかし、子育ては生まれた瞬間から子供が成長するまで毎日ずっと続くものものです。理由のわからぬ夜泣きや度重なるオムツ交換、子供を連れての買い物、入浴も慌しく全てが子供中心となるので、思うように日常生活が送れなくなってきます。特に母親は子供と接する時間がもっとも多く、自分の時間がとれずにストレスを感じる事も多くなります。このような子育てで感じるストレスを育児ストレスと呼びます。育児ストレスが酷くなると、育児ノイローゼとなってしまう場合も少なくありません。育児ノイローゼの方が時として可愛い我が子の命を奪うという事件も多く発生しています。このような状態にならない為にも、家族や周囲が育児の負担を分担し減らす事が大切です。祖父母と暮らす大家族の場合、誰かが変わってくれる事が多いので、育児の負担が自然に減り、育児ストレスは少ない事が多いようです。しかし、核家族の場合、父親が仕事に言ってしまうと育児の負担はすべて母親が担うようになり、育児ストレスを大きく感じる事が多いとされています。父親が帰宅後に、子育てを積極的に手伝うのは育児ストレスを軽減する為に大切な事です。また、祖父母のいる実家へたびたび帰省する、友達同士で協力し合うという事も育児ストレスを減らす効果があります。

育児でストレスが溜まり易い内容

育児にはストレスや不満が溜まりやすくなります。しかし、そのような状態は自分だけではなく、子育て中の母親のほとんどが感じている事です。育児ストレスのランキングしる事で、自分だけが悩んでいるのでは無い事がわかり、安心感を得る事もあります。育児ストレスで多いのが、成長に関するものです。育児本で何ヶ月で何をするなどと一般的な成長記録が載っている場合、自分の子供が遅れている事に不安を感じストレスをなる事が多いようです。また、体重や身長なども母親たちにとっては敏感に反応してしまう部分です。子供一人一人成長が違う為、あまり気にしない方がストレスは溜まりませんが、気になる場合は小児科医や保険指導員などに相談してみるとよいでしょう。育児ストレスランキングでは、子供が思い通りにしてくれないという悩みが上位となっています。成長過程において、着替えを嫌がったり、食事を嫌がったりといろいろな事を嫌がる時期がありますが、子供が成長している証拠です。自我が芽生えたと思い、成長を喜ぶようにすると良いでしょう。また、あまりにもイライラやストレスを感じる場合は、一時保育などを利用して、子供と数時間距離を置くなどすると冷静に愛情を認識する機会となります。家事が思うように進まないというストレスも多くあります。全てを完璧にこなそうとせずに、おおらかに生活する事も必要です。便利サービスやグッズを利用したり、宅配サービスなどを活用して家事の負担を減らすようにするとよいでしょう。

ワーキングマザーは特に育児ストレスが溜まり易い

仕事をしながら育児も家事もこなすワーキングマザーは、朝から晩まで休み無く働き通しとなります。自分の時間を取る事ができない事が多く、やらなくてはならない事に追われてしまう為、なにかとストレスが溜まりやすくなります。子育て中の共働き夫婦の場合はなにより夫の協力が必要不可欠です。夫が積極的家事や子育てに協力してくれる事で妻の育児ストレスをかなり減らす事ができます。夫も仕事で疲れているといって帰宅後ゆっくりしたいと思うでしょう。しかし、それは妻も同じなんだと考えて、思いやる気持ちを持つようにするとよいでしょう。オムツ替えやミルクを作って飲ませる、お風呂に入れる、あやすといった子育ては男性でも十分に行う事ができます。積極的おんぶや抱っこをしてあげる事で子供とのスキンシップを測る事もでき、強い愛情を感じるようにもなるでしょう。時には残業や出張で夫が子育てや家事を手伝えないといった状況もあるでしょう。そのような時はベビーシッターなど第三者の手伝いを利用するのも一つです。祖父母か頼れるようなら、手伝いに来てもらう、通勤に支障が無いようなら実家に帰るなども効果的です。ワーキングマザーが育児ストレスを溜める事無く、仕事も育児も頑張る為には、周りのサポートを受けやすい環境を作る事も大切です。祖父母の家から近い地域、託児所が近い、通勤場所が近い、といった住宅環境も育児ストレスを減らす為に大切です。最近では男性の育児休暇を認めている企業も増えています。育児休暇が認められようなら、夫も積極的に活用する事で妻のストレスや負担を減らす事ができます。