生活

育児ストレスをためないために

育児によるノイローゼにならない為に

育児ノイローゼは産後の女性に起こりやすいうつ状態で、ホルモンの働きが大きく関係しているといわれています。また、育児で抱える肉体的、精神的な負担からストレスが溜まり育児ノイローゼになるケースも少なくありません。育児ノイローゼの症状としては元気が無くなる、表情が無反応になる、目がうつろになる、食欲が低下したり食べ過ぎたりが極端になる、注意力がなくなり物忘れが激しい、思考力が低下しマイナス思考で悲観的になる、引きこもり状態になるなどです。育児ノイローゼは自分では気づきにくく、夫や家族など周囲の人間が気づいてあげる事が大切です。育児ノイローゼから子供の命を奪ってしまったり、自分の命を自らなくしてしまう場合も多く、早めに発見が大切です。育児ノイローゼを防ぐ為には、日ごろから子育てを頑張っている妻に思いやりを持ち接するようにします。積極的に育児や家事に協力したり、妻の愚痴や不安、不満をきちんと聞いてあげるようにしましょう。子供の成長やしつけんどで妻に文句を言うような事は決してしてはならないと言われています。夫が妻を追いこんでしまう場合も多いので注意しましょう。ありがとうと言葉で伝え感謝を表すような簡単なことでもストレスの軽減に繋がります。あるいは時には子育てを代わり、妻に自由な時間を与える事も良いでしょう。育児ノイローゼを防ぐ為には、日ごろから夫や家族が妻をいたわり、思いやる事で防ぐ事ができる場合がとても多いという事を認識しておきましょう。

育児でイライラしない為には

イライラした育児になってしまっていると感じる方も多いでしょう。イライラが強く育児ストレスが強くなってしまうと育児ノイローゼとなってしまう可能性も少なくありません。イライラ育児を卒業する為には、ストレスを減らす事がもっとも効果的です。育児でイライラしてしまう原因の一つに自分の思ったとおりに子育てが進まないといった事があります。思うように寝てくれない、思うように飲んでくれない、食べてくれない、歩く時期なのに歩かないといった成長に関する事や言うことを聞いてくれない、すぐに泣く、といった子供の感情が自分の思い通りにいかないといった事が子育てにはつきものです。それら一つ一つにイライラしてしまう事で、子供への愛情よりもイライラや怒りが大きくなってしまいます。そう言った感情を防ぐには、自分のお腹から生まれた子供であっても、自分とはまったく違う一人の人格を持つ人間と理解する事が大切です。子供には子供の意思があり、希望や望みがあるという点に目を向けるようにすると良いでしょう。わがままを聞いたりしつけをしないという訳ではなく、子供に時間をかけて理解させる事が大切でしょう。また、周囲の子供と成長を比べてイライラするのはあまり意味がありません。子供一人一人個性があり、成長の過程もさまざまです。自分の子供のペースを大切に成長を見守るようにすると良いでしょう。子育てにイライラを感じたら、ストレスを溜める前に発散するように心がけるとよいでしょう。

育児ストレスをケアするには

育児ストレスケアにもっとも必要なのは、周囲の理解とほめ言葉です。一生懸命に子育てをしても、誰からも褒められないといった場合もとても多く、毎日続く子供と二人きりの生活に強いストレスを感じる事が多いのです。まずは、夫や祖父母、友人などが進んで努力を讃えてあげるようにしましょう。周囲に認めらられ励まされる事で、母親も自身が付き子育てにやる気が出るようになります。ただし、あまり「頑張って」という言葉ばかりをかけないようにします。まじめでしっかり者といった性格の場合、育児ストレスを溜めやすく育児ノイローゼになりやすいと言われています。頑張ってという言葉は今以上に頑張れといっている意味に取られてしまう場合もあります。子育てを頑張っている母親が幸せになる言葉を積極的にかけてあげると良いでしょう。また、育児ストレスケアに必要なのが、子供と離れて自分だけに時間を作る事です。母親は子供が小さい場合は四六時中常に一緒にいる事になります。どんなに可愛い我が子でも、毎日毎日ではストレスが溜まって当然です。数時間だけでも子供と離れる時間が作れるだけでもストレスを減らす事ができます。夫や祖父母、親族、さらには一時預かりの託児所などを利用して自分だけの時間を作るようにしましょう。また、趣味を楽しむ時間を作ったり、ブログ作りなど子育てから離れる世界を作る事も良いでしょう。一月に一度、ゆっくりと時間を気にせず好きな事ができる時間をとることも大切です。夫が積極的に子育てに協力したり、家事を手伝うなども子育てストレスケアに役立ちます。

適度に育児ストレスは解消する

どんなに可愛い我が子でも時には苛立ち、腹を立てる事もたくさんあります。しかしそれに対して罪悪感を持ったり、自分は母親失格だなどと考えてしまう方も多く、育児のストレスの原因となってしまいます。毎日毎日休み無く続く子育てにまったくストレスを感じない母親などいないといっても良いでしょう。育児のストレスが上手に発散できないと育児ノイローゼになってしまう場合も少なくありません。育児ストレスを解消するには自分の好きな事をするのが一番良いとされています。祖父母や夫、一時託児所などを利用して子供を預け、思い切り自分の時間を楽しむようにしてみましょう。楽しい時間を過ごした後、子供を迎えに行った時は子供への苛立ちや腹立たしさは消えうせて可愛いと思えるようになっている場合がとても多いのです。また、毎日自分へのご褒美を一つ与えてあげるのも良いでしょう。ちょっと贅沢したスイーツを自分に買って子供のお昼ね時間に食べるとか、大好きなアーティストのCDを思い切り聞くといったものもよいでしょう。食器や日用品をお気に入りにすると毎日使う度に気持ちが穏やかになったりします。同じ子供を持つ友達を作るのはとても効果的です。インターネットでもママ友を作る事を目的としたサイトがあり、気軽に参加する事が出来ます。どうしてもストレスが溜まった場合は、思い切り泣く、叫ぶといった行動がストレス発散につながるとされています。自然の中に身置くことも癒し効果があり、ストレス解消となります。一日子供を預けて日帰り旅行に行くなどするもの良いでしょう。

育児ストレスは夫婦で軽減する

育児ストレスがたまるという方の多くは、子供の父親である夫が育児に協力しない場合が多いと言われています。一日中一生懸命に仕事をし、家に帰ってきたらゆっくりしたいという気持ちになるのは当然の事です。しかし夫が仕事を頑張っている間には妻も一人で子育てを頑張っているのですから、お互い様という気持ちを持つ事が大切です。たとえ夕食が出来ていなくても、子供をお風呂に入れている間に食事を用意してもらうなどすれば妻の負担も減ります。また、夫が食事を作ってあげても良いでしょう。食事が出来合いでも子育てが大変なほんの数年の間と割り切りましょう。部屋が汚いとか頼んだ事が終わっていないといった日常生活で不満があっても口にはせず、積極的に夫が行う事も大切です。オムツを替える、ミルクを飲ませるなどは夫でも十分にこなす事ができる育児の一つです。買い物などは、子供を抱えた妻には大変な重労働です。休日に家族レジャー感覚で協力しまとめ買いをするなどすると妻の負担を減らす事ができます。夫は会社や仕事で多くの人と接する時間を持ちますが、妻は一日中子供二人きりで過ごしています。つきに一度は休日に子育てを代わり、妻に自由な時間を与えるなどしても良いでしょう。夫が子育ては夫婦二人で協力して行うものだと考えるだけで妻の育児ストレスを減らす事ができます。子育てが原因で夫婦喧嘩となる事も多くありますが、子供に精神的なストレスを感じさせる結果となります。時には祖父母に預けたり、一時預かりの託児所を利用するなどして夫婦二人の時間を持つ事も育児ストレスに効果的と言われています。

父親は積極的に育児参加する

最近では、子供がお腹にいる間に行われる母親学級に父親も参加したり、両親学級が行われたりと父親も積極的に育児に参加できるような体制が出来てきています。父親の育児休暇を認めている企業も増えており、育児は母親だけではなく父親も積極的に参加させようという社会環境がようやく整い始めてきたといえるでしょう。しかし、日本では欧米に比べて父親の子育てへの協力はとても少ないと言われています。育児ストレスや育児ノイローゼにならない為にも父親が進んで子育てに参加する事は大切な事です。夫は外で仕事をし、妻が家庭を守るという考えは最近では古いとされており、夫が積極的に家事に参加するケースも増えています。夫が家事を手伝うだけでも妻の負担は大きく減る事になります。小さな赤ちゃんのオムツ替えは大きな手の夫にとって、最初は怖く感じるかもしれません。しかし、慣れてしまえば大きな手の父親のほうがむいている作業ともいえます。おんぶや抱っこも力のある父親の方が向いています。特に昼間仕事で留守にしているのならなおさら、おんぶやだっこを積極的に行ってスキンシップを測るようにすると良いでしょう。子供とのお風呂もスキンシップを取る効果が満点です。母親にとっては、一緒にお風呂に入っている間に夕食の準備や片付けなどをこなす事ができます。父親が育児に参加する事で家庭や夫婦関係も円満になる傾向が強いと言われています。お互いを思いやる事で生活や時間に余裕も出る為、ストレスも軽減できるようになってくるでしょう。

育児では姑を味方につける

育児の先輩でもある姑は、心強い子育ての見方でもあります。初めての子育ては何かと不安やわからない事も多く、いろいろ教えてもらう事ができる上に、手伝ってくれる場合も多いでしょう。しかし、時代とともに子育てに仕方が変わっていたり、価値観の違いから嫁と姑がぶつかってしまうという場合も少なくはありません。オムツは布か紙か、母乳かミルクか、肌着は新品かお古かといった問題は時代の流れや価値観で大きく変わってきているといえるでしょう。いろいろと姑が口うるさく、イライラしたり腹を立てたりして姑に対してストレスを抱える事も少なくはありません。しかし、姑にとっても可愛いくて仕方が無い愛する孫である事を理解し、時には譲って意見を取り入れるという態度も必要かもしれません。また、言い方の気をつけてやんわりと自分の子育て方針ややり方を話し、理解を得る事も必要です。姑と険悪ムードでは、子供にとっても良い環境とは言えません。お互いに相手を思いやる気持ちを持つようにする事で時代や価値観の違いから生まれる問題も解消する事ができる場合が多いようです。姑と円満に行くようにする事で子育ての負担を減らす事もできます。同居や近所に住む場合は積極的に抱っこをしてもらったり、あやしてもらうと良いでしょう。さらに数時間もらうなどすると、姑は頼りにされていると嬉しくなる事も多く、自分もストレスを解消する事が出来ます。子供は周囲の人々からいろいろな刺激を受け、成長していくものです、自分ひとりで子育てを抱え込まずに、周囲の協力を得て育てていくほうがおおらかに子育てを楽しむ事ができる上に、子供の成長に役立つ事が多いでしょう。

育児中の家事が負担にならない為に

家事も育児も体力的の精神的にもハードで両立に苦労すると感じる方も多いでしょう。育児により家事が思うように進まない事に苛立ち、ストレスを感じる方も少なくありません。ストレスはまじめで几帳面な人ほど溜まりやすいとも言われていて、ストレスを上手に発散できない事でノイローゼになってしまうケースもあります。ストレスを発散し、楽しく家事や育児をこなすには、あまり神経質にならずにおおらかに行うと良いでしょう。子供に全てしっかりと手作りのご飯とおやつを食べさせたいと頑張る母親も多くとてもすばらしい事です。しかし、それでストレスが溜まってしまっては問題です。安全で安心できる食事やおやつをと考えるなら、健康食品やこだわって作っている食品を利用するのも一つです。特に最近は食への意識が高まり、市販品でも安全で安心できる食品が増えているので活用してみましょう。毎日、きちんと掃除をこなしたいという方も多いでしょう。しかし、思うようにならない上に片付けても子供が散らかしまくるという場合が多いでしょう。リビングでおもちゃを出す機会が多いなら、リビングに大きめのバスケットなどを置き、子供が自分でも片づけを手伝える環境にするなども効果的です。掃除も週末に夫に手伝ってもらってしっかり行うようにし、平日は多少手を抜くくらいで良しと気持ちを切り替えると気が楽になります。例えば、洗濯も夫がいる夜に洗って干してしまえば一人で頑張る必要はなくなります。いままでの家事へのこだわりを別の目線から考え、すこしでも楽になるように工夫するだけでも家事と育児の両立はしやすくなります。