生活

育児の悩みを相談

子供が成長した幼児期になると、食事を食べない、汚す、言うことを効かないといった子供の日常生活でストレスを感じる事が多くなります。

育児相談

育児はなかなか思うように進まず、イライラを感じてしまう事も多いでしょう。赤ちゃんの場合は夜泣きやミルクをなかなか飲んでくれない、たびたび具合が悪くなる、オムツ交換ばかりなど身の回りの世話を中心としてストレスを感じる事が多いようです。少し子供が成長した幼児期になると、食事を食べない、汚す、言うことを効かないといった子供の日常生活でストレスを感じる事が多くなります。子供が小さいうちはなかなか外出ができなかったり、悩みを相談でくるママ友達が出来にくい環境にいる、実家が遠いなど悩みを相談しアドバイスをもらう環境が難しいという方も多いでしょう。そのような場合は、インターネット上にたくさんある育児の相談サイトを利用してみましょう。育児経験者からのアドバイスや悩み相談など役立つ情報をたくさん得る事ができます。子供が喜ぶ食事の工夫や効果的なしつけの仕方と叱り方、子供連れで遊べる施設やレジャースポット活用方法など子供がいる人ならではの目線でしかわからない有効な情報をたくさん入手する事が出来ます。自分と同じ悩みを抱えている人がたくさんいる事がわかる事で気持ちも楽になります。まじめなで几帳面な人ほど育児ストレスを溜めやすく、育児ノイローゼになりやすいといわれています。完璧な母親や父親などいないのですから、気持ちを楽におおらかに子育てを楽しむ工夫をすると良いようです。急な怪我や病気の対処法、家庭内での危険箇所や危険事項など、予防接種についてなど知っておきたい情報も多数得る事ができます。

育児サイトを有効活用

インターネットではたくさんの育児サイトがあります。どのサイトも子育てに関するたくさんの情報が掲載されており、情報交換が積極的に行われているサイトも多くあります。子育てに関する不安や悩みもたくさん掲載させており、自分と同じ悩みを持つ人がたくさんいると感じ、ストレスを減らす事もできます。育児サイトによっては、悩みを書き込むと読者同士でアドバイスを与えたり、励ましあったりといった事も積極的に行われています。イベントやオフ会などを積極的に行っているサイトもあり、ママ友達つくりをする場としても活用できるでしょう。核家族の場合の子育ては、夫がいない間は子供と母親の二人きりになってしまい、時として母親は強い孤独感を感じる事も多くあります。インターネットなら、家にいながらにして同じ子育てを頑張っているたくさんの母親たちと交流を持つ事ができ、孤独を癒す場ともなります。育児サイトのもうひとつの利点として、多くの有益な情報を得る事ができる点です。子供ずれのお出かけはなにかと苦労がつき物です。特に人がたくさん集まる場となれば、情報は多い方がスムーズに楽しむ事ができます。人気レジャースポットの子供向けサービスや子供向け施設の活用方法、さらに子供づれならではの特典など子育て世代ならではの楽しみ方が紹介されています。これらの情報を入手して外出すれば、レジャーも効率よく楽しめ、ストレス解消となります。自分の育児をブログとして公開している方もたくさんいます。それらの中には、子育てを上手に楽しむ秘訣が紹介されている場合がとても多く、参考になる事も多いでしょう。

子育てサークルを有効活用

各市町村の自治体や地域の民間ボランティアなどが子育て中の親子を対象とした子育てサークルを開いている事が多いでしょう。自治体が行っている場合は、自治体の発行している広報誌などに掲載されている他、役所や役場で情報を得る事ができます。民間で行っている場合は、スーパーやショッピングパーク、小児科や郵便局などに設置されている掲示板に張り出されていたり、インターネットなどで情報を得る事が出来ます。子育てサークルもいろいろな企画があり、読み聞かせ会や親子リトミックなどをの他、おしゃべりしながら子育て情報を交換するものなどがあります。母親が一人で子育てを頑張っている場合、なにかと不安や悩みを抱えがちで育児ストレスが溜まってしま事も多いのですが、子育てサークルで同じ環境にある母親達とおしゃべりを楽しむだけでもストレスを減らす事ができます。また、些細な事でも気軽に相談ができるので、安心した育児を行う事ができます。たくさんある子育てサークルですが、時には自分や子供に合わないと感じるものもあるでしょう。特に他の母親たちの輪に入れない、強制的なイベントが多く負担に感じるといった場合もあります。そのような時は無理をせず、違う子育てサークルを探す事も必要です。ストレスを解消目的とした子育てサークルで、ストレスを溜めてしまっては元も子もありません。子供がなかなかサークルに馴染まないといった場合は、少し様子を見ると良いでしょう。たくさんの他の子供と触れ合う事で、子供たち幼いながらも社会性を身につけていき、たくさんの刺激を受けます。あまり他の子供と比べて神経質にならずにおおらかに楽しみましょう。

ときには一時保育を利用してストレス解消

とても可愛い我が子でも、四六時中一緒に生活する日々が続く事にストレスを感じる方も少なくありません。ましてや、ミルクや食事、オムツに着替えなど日常生活すべにおいて世話をする必要がある為、育児ストレスは日々溜まっていくばかりです。少し成長した頃には、一時も目が放せない状態となる他、部屋や服を汚す、物を壊すといった子供ならではの行動に強く苛立ちや怒りを感じるケースも少なくありません。育児ストレスを上手く解消できないまま、さらにストレスが溜まっていく事で育児ノイローゼとなる事もあり、子供をたたいたり食事を与えないといった虐待行為を起こしてしまう場合もあります。育児ストレスを解消する為には、夫や祖父母、友人などに子育てを手伝ってもらったり、時には交代してもらい自由な時間を持つ事が良いでしょう。頼める人がいない場合は、一時保育がある託児所や施設を利用すると安心です。料金を一時間単位で設定している託児所も多く、入会金や年会費などが無料の施設もあります。一月に数回だけでも利用して、子供と距離を保つ事で冷静な気持ちを取り戻す事ができます。さらに子供と数時間離れているだけで、子供への愛情をより深く感じる事ができる場合が多いようです。一時保育に子供を預けた場合、自分は母親失格だとか駄目な人間とは決して思わない事が大切です。子供も楽しい時間を過ごしていると考え、自分だけの時間をしっかりと楽しむようにする事が大切です。自分だけの時間をどのように使おうかと計画を立てる事もストレス解消の効果は高いでしょう。

電話カウンセリングで育児ストレスを相談

育児ストレスに悩みどこに相談してよいかわからない、外に出て相談に行く事ができない、近くに相談場所が無いという場合は電話カウンセリングを利用するという方法があります。電話カウンセリングは市町村など自治体で行っている場合も多く、その他民間や個人でこのなっているものもあります。市町村の自治体が行っている電話カウンセリングは無料の場合がほとんどです。育児の悩みは不安を一人で抱えてしまう事が育児ストレスの原因となっている場合がとても多いでしょう。電話でちょっとした悩みや不安を誰かに打ち明けるだけでも、気持ちは楽になりストレスを大きく減らす事につながります。電話カウンセリングは、知識や経験ある相談員やアドバイザーがほとんどで、悩みや不安に対する的確なアドバイスを受ける事もでき安心して子育てを行う事ができます。電話カウンセリングを民間や個人で行っている所を利用する場合は、料金やどのような人が相談員なのかを知ってから利用すると良いでしょう。電話カウンセリングでは実際に相手に会う事無くプライベートを伏せて相談をする事ができます。面と向かっては相談しづらい事も電話なら話せるという方も多いでしょう。特に虐待を行っていると自覚している場合は、直接話をしづらい場合が多いでしょう。電話カウンセリングを受ける事で、自分自身の子育てを見直す事もできます。育児と関係ないと感じる場合でも、子供へ影響を与えていると感じたら相談してみるのも良い事です。大切なのは一人で悩まずに誰かに打ち明ける事と考え利用してみましょう。

育児とご近所づきあい

赤ちゃんのうちは夜泣きがあり、少し成長した幼児期にはタバタバ走り回ったり、喚いて泣いたりと何かをご近所へ迷惑をかけてしまう事も少なくありません。育児中にご近所と円満に過ごす為には、率先してこちらから声をかけるようにすると良いと言われています。子供の出産予定が近づいたら、「○月×日頃が予定日です。夜泣き等で騒がしくご迷惑をおかけします」などと伝えておくだけでご近所も快く思ってくれる場合が多いのです。また、ゴミ捨てや買い物であった場合は「いつもにぎやかですみません」などと言っておくと関係がスムーズに行く場合が多いようです。自分から積極的に声をかける事で、ご近所の先輩ママ達に育児の相談が出来たり、アドバイスを得る事もできるでしょう。ご年配の方の場合は、同じくらいのお孫さんがいる場合もあるので、理解を示してくれる事も多いでしょう。育児中は子供と二人で自宅にいる時間が増え、ご近所との交流もつくりにくく孤独を感じる事が多いと言われています。お天気の良い日に、子供と一緒に近所を散歩するだけでも気分転換になり、ご近所と知り合う機会も増えます。この散歩がきっかけでご近所にママ友達ができる場合も多いようです。特に近くに公園がある場合は、子供がまだ遊べない時期でも行くようにするとよいでしょう。上の子供連れて遊びに来ている方が下の子供も一緒に連れてきていたりする事もあります。ご近所にママ友達がいると、何かと助かる事も多く、親子で仲良しになる事も多いようです。

育児ストレスを子供で解消してしまう親

育児ストレスと虐待は深い関係にあります。育児ストレスが溜まってしまい、そのはけ口がストレスの原因である子供に向いてしまい虐待を行ってしまいます。虐待を避ける為にも育児のストレスは溜める事無く発散するように心がける事が必要です。育児を母親が一人で抱えてしまう事で虐待は起こりやすくなります。出来るだけ夫や祖父母などが育児に協力し母親の負担を軽くしてあげる事が大切です。また、妻が夫へ子供の事で悩みや相談を打ち明けた場合、きちんと聞いてあげる事も必要です。子供の行儀やしつけが悪いからといって母親の文句をいったり、責めるのも避けましょう。子供の育児や教育は母親だけの仕事という考えは捨てさり、父親も積極的に参加するように心がける事が虐待防止にとても大切です。また、子供の成長過程での不安が強い母親にストレスを与える場合もあります。「まだ歩かないの?」「まだ、言葉を話さないの?」などと周囲に言われる事で母親は強く不安とストレスを抱えてしまうのです。子供一人一人成長のペースは違い、性格も違う事を良く理解し、長い目で成長を見守るようにしましょう。もし、母親が強い不安を感じているようなら、保健相談員や小児科に相談するよう助言してあげると良いでしょう。夜泣きが原因で寝不足が続くとストレスが溜まり苛立ちも強くなります。時には子供の寝貸付を代わってあげ、母親を一人でゆっくり寝かせてあげるなどするとよいでしょう。虐待は母親一人では避ける事が難しい問題です。夫や祖父母など家族で協力して子育てをする事で虐待を避ける事ができるとされています。

あなたの育児ストレス度は?

育児ストレスが溜まっているかどうか自分では気づかない場合もあるでしょう。10問の質問にイエスかノーで答えるだけでストレスの度合いを測る事ができる「育児ストレス度検定」を活用してみてはいかかでしょうか。質問内容はどれも簡単で、特に悩む事無くすぐに終わってしまうものばかりです。これで本当にストレスがわかるのかと疑問に思う内容かもしれませんが、自分でも気づかないストレスを認識するよいチャンスと考えましょう。もし、ストレスがたまっているという結果の場合、夫や祖父母の協力や一時預かりの託児所などを利用して、自分だけの時間を作るようにするとよいでしょう。また、子供が昼寝している間にも趣味や自分の時間をとるようにします。家事や仕事がストレスをさらに増加させている可能性もあるので、手を抜いたり休みを貰ったりしてリフレッシュするのもストレスを解消する事に役立ちます。育児ストレスは自分も気づかないうちに溜まりがちです。特にまじめで几帳面な人の場合、手を抜く事で自分は駄目な人間なんだ、駄目な母親なんだと思い自分を追い詰めてしまう傾向にあります。手抜きは決して悪いことではなく、自分を大切にするように心がけるとよいでしょう。子育てに対して自己犠牲意識が強いと苛立ちや腹立たしさを覚え、そのはけ口が虐待として子供に向いてしまうケースも少なくありません。簡単なストレス度チェックと馬鹿にせずに、自分は疲れているなと感じ、ゆっくり休ませて上げるようにするとよいでしょう。