生活

危ない飲み方と二日酔い対策

一気に大量のお酒を飲んでしまうと血中アルコール濃度が急激に上昇し呼吸困難など死を招く危険も高く、注意しなければなりません。

一気飲みはヤバイ!

新入社員歓迎会など若い世代の飲み会で良く行われるのが一気飲みです。一気飲みによる急性アルコール中毒は呼吸困難など死を招く危険も高く、注意しなければなりません。一気に大量のお酒を飲んでしまうと血中アルコール濃度が急激に上昇します。アルコールが脳に達するには、お酒を飲んでから三十分から一時間かかると言われており、酔いの症状が現れないまま大量のお酒を飲み続けてしまう事に繋がります。空腹の場合は、胃や腸からいきなりアルコールが吸収されてしまう為、肝臓での処理が追いつかない状態となります。これにより、血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。未成年者の飲酒の場合、肝臓内のアルコール分解酵素が十分に無い為、血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。血中アルコール濃度の急激な上昇は急性アルコール中毒を引き起こす為、十分に注意しなければなりません。急性アルコール中毒は東京都内だけの調べでも年間で一万人以上が救急搬送されています。特に二十代がもっとも多く、お酒を飲み始めたばかりの世代が目立って多くなっています。死亡にいたるケースも少なくない為、一気飲みをしない、させないといった意識を徹底する事が重要視されています。

お湯割りと水割りどっちが利く?

焼酎やウイスキーは、ストレートやロック、お湯割りや水割り、ジュースやコーラ割など様々な飲み方で楽しむ事ができます。特にお湯割りは水割りで楽しむ方が多く、お湯割り派か水割り派かこだわっているという方も多いでしょう。お酒の話題で「お湯割りと水割りではどっちが利く?」といった質問も多く、多くの方が高い関心を寄せています。一般的には、熱いお湯割りはゆっくりと少量ずつ飲む事が多く、アルコールが吸収するまでの時間も水割りより長くなるとされています。水割りは飲みやすい為、短時間で多くの量をぐいぐい飲めてしまう為、酔いやすいと言われています。しかし、酔いやすいかどうかといった問題は、体調や飲み方なども大きく影響を与えます。空腹の状態や体調不良、寝不足、深夜までの深酒などはアルコールの処理能力が低下しやすく、効きやすい、体内に残りやすいといった状態となります。ストレスが多い時の飲酒も短時間でお酒の量が増えやすく、効きやすい状態です。さらに水を一緒に飲みながらお酒を飲んでいるかどうかといった事も大きく影響してきます。身体の為にも、空腹や体調不良での飲酒を控え、適量を水と共に楽しく飲むなど工夫しながらお酒を味わうと良いでしょうジュースなどで割って飲む場合、口当たりの良さから短時間で過剰にアルコールを摂取してしまう事が多い為、飲み過ぎに注意する事が必要です。

「料理酒」って飲んでもOK?

スーパーなどでは、ビールやワインなどお酒売り場に陳列している酒類とは別に、調味料売り場で陳列している料理酒が販売されています。「料理酒って飲んでもいいの?」「どうして他のお酒より安いの?」「同じ酒類なのにどうして?」などの疑問をお持ちの方もいる事でしょう。料理酒は酒税法で定められたお酒の部類に入らないように食塩や食酢が含まれています。これは「不可飲処置」といい、単独で酒として飲用されない為に行われています。よって酒税法の対象外となり価格も安くなっています。料理酒は飲んでも大丈夫な調味料ですが、単独で飲む事を想定して作られてはいない為、お酒として決して美味しい味ではないとの意見が殆どです。そのままでは、「しょっぱい」「すっぱい」といった味で清酒とは違う物と認識した方が良いでしょう。みりん風調味料もアルコールが1%程度で、糖分や化学調味料等で風味を似せて作られたものです。酒、みりん、塩、味噌、醤油、酢、砂糖など調味料にこだわると料理の味もグッと良くなると言われています。料理酒を清酒に変えると芳醇な味わいと風味のある料理に仕上がります。いつもの料理もさらに美味しくしたいといった時には料理酒ではなく清酒を利用しても良いでしょう

「シジミ」は効果的?

お味噌汁の具として活用される事が多い「シジミ」は、肝臓に良い効果を持つ食品としても知られています。シジミエキスを配合した健康食品も多数販売されており、高い人気となっています。シジミには肝臓の負担を軽減する成分が多く含まれています。肝臓の解毒作用を促進する働きがあるタウリン、ビタミンB12が含まれています。さらにアルコールの代謝を高めるアラニンというアミノ酸をバックアップする効果を持つオルニチンが豊富に含まれています。オルニチンは冷凍する事で何倍にも膨れ上がります。お酒を飲む予定がある場合は、シジミを冷凍するなどして準備しておくと良いでしょう。シジミの優れた栄養素は古くから活用されており、黄疸に効いたり、母乳の出を良くしたり、寝汗対策としても役立ってきました。夏と冬の年に二度の旬があり、「土用シジミ」「寒シジミ」との呼び名があります。必須アミノ酸が理想的なバランスで含まれており、カルシウムや鉄分、ミネラルなど体に良い栄養素がたっぷり含まれています。シジミはお酒を飲む前に飲んでも後に飲んでも効果を得る事ができるとされています。さらには二日酔いになってしまってから飲んでも効果を得る事ができます。お酒による二日酔い対策だけでなく、健康維持や美容の為にも日頃から摂取しておきたい食品といえます。

「柿」は効果的?

古くから「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われる通り、柿は素晴らしい栄養素が豊富に含まれている食品です。特にお酒を好きの方には、嬉しい効果が多く、積極的に摂取したい食品です。柿には糖質、カロテン、ビタミンC、カリウム、植物繊維などが豊富に含まれている他、ポリフェノールの一種であるタンニンがたっぷりと含まれています。タンニンは抗酸化作用があり、血圧の安定や疲労回復に効果的として知られています。お酒を飲む前に柿を食べておくとタンニンが胃の粘膜に作用しアルコールを吸収しにくくしてくれます。さらに二日酔いなどお酒による不快な症状を引き起こす原因のアセトアルデヒドの分解を促進させる効果があります。アセトアルデヒドが分解酵素によって分解されずに体内に残ると頭痛や吐き気、二日酔い、など身体へ悪影響を与えます。柿には、デヒドロゲナーゼというアルコール分解酵素や肝臓の機能を高めるアミノ酸のシスチンが含まれています。これらの働きにより、アセトアルデヒドを分解を高め、体外へ排泄させる事ができます。利尿効果があるカリウムも含まれており、お酒によって体内に作られた水分を体外へ排泄する事にも役立ちます。より効果的に柿の効果を得るには、お酒を飲む前や飲んでいる最中に取ると良いとされています。また、二日酔いになった後でも効果を得る事ができます。柿を使ったおつまみやデザートのレシピなども豊富にあり、ネットなどを活用してレシピ情報を得ると良いでしょう。