生活

二日酔いなんて無縁という方が二日酔い

大人になるとよく、「あの人はお酒が強い」とか「私はお酒が弱くて」といった話題が度々交わされます

なんで二日酔いになるの?

お酒好きの方の中には、楽しかった昨夜の時間をすべて台無しにしてしまうほどの二日酔いを経験した方も多いでしょう。二日酔いは体内でアルコールが分解されずに、「アセトアルデヒド」という毒性物質が残ってしまった事が原因で起こります。アセトアルデヒドの分解酵素を遺伝的に持たない方やあっても効力が弱い方の場合、アセトアルデヒドが分解されずに頭痛や吐き気、二日酔いなどが起こりやすくなります。しかし、いつもは二日酔いなんて無縁という方が二日酔いになる事も少なくありません。これにはいくつかの原因が考えられます。体調が悪い時にお酒を飲むと、アセトアルデヒドの分解能力が低く、体内に残りやすい為、二日酔いとなる事があります。また、深夜に飲んだり、飲んだ後の睡眠時間が短い場合も分解処理されきれずに体内に残ってしまいます。連日のように飲んでいると肝臓が疲れた状態となり、分解処理能力が低くなります。空腹の状態で飲むと吸収速度が速くなり、酔いやすくなります。これは胃を痛める原因となる為、注意が必要です。気分が落ち込んだ状態やストレスが多い状態の時にお酒を飲むと飲酒スピードが速くなったり、飲み過ぎてしまう原因となります。二日酔いにならない為には、体調や精神状態、飲む時間などケースに合わせて適量を楽しく飲むよう気を配りながら飲むと良いでしょう。<h4>「ウコン」は効果的?</h4>飲んだお酒が分解されて体外へ排出されない場合、二日酔いなどのつらい症状に悩まされる事になります。お酒は体内で「アセトアルデヒド」という物質になり、分解酵素によって水と炭酸ガスに分解され体外へ排出されます。しかし、遺伝的に分解酵素を持たない方やもっていても効果が弱い方の場合、アセトアルデヒドは体内に残り、不快な症状を引き起こす原因となります。分解酵素を全く持たない方にはあまり効き目はありませんが、分解酵素の弱い方に効果的なのがウコンです。ウコンには、肝臓の細胞を活発化する効果があります。分解酵素が活発に働き肝臓の解毒機能が高まり、アルコールとアセトアルデヒドの分解がより早く行われます。その為、体外に早く排出する事ができ、二日酔いなどの症状を予防する事ができます。ウコンはお酒を飲んだ後に飲むのがより効果的な摂取方法とされています。お酒を飲む前と後の両方に飲むとより高い効果を期待する事ができます。生のまますりおろしてお湯にといて飲んだり、乾燥させたものをスライスし煎じて飲むなどして取り入れます。飲みやすいように粉末パウダーにしたタイプを利用しても良いでしょう。飲みやすく手軽にウコンが摂取できる錠剤タイプやドリンクタイプなど市販品も数多く販売されています。

お酒を飲むと眠くなるなんで?

「お酒を飲むと眠くなる」「寝付く為にお酒を飲む」という方もいる事でしょう。また、「どうしてお酒を飲むと眠くなるのか」と疑問に感じる方も少なくありません。アルコールは体内に摂取されると胃や肝臓で酵素により分解されます。これら消化器から吸収されたアルコールのうちの一部は脳に達し、脳幹網様体賦活系というところに働きます。脳幹網様体賦活系は人を覚醒させる働きをもっているところです。アルコールにはこの脳幹網様体賦活系の覚醒させる働きを抑制する効果があり、これにより眠くなるといった症状が現れます。これを催眠作用と呼びます。この他、アルコールが脳幹網様体賦活系の覚醒を抑制し、大脳の働きを麻痺させる事で、突然陽気になったり、気分が大きくなったりといった症状が起こる方もいます。アルコールが大脳へ与える影響により、暴言を吐いたり、暴れたりなど周囲へ迷惑をかけたりという方もいます。さらに、飲み会での記憶が一部無い、途中からまったく覚えていない、どうやって家に帰ったのかわからないといったブラックアウトと呼ばれる症状が起こる事もあります。アルコールを寝付く為に飲むという場合、習慣にしてしまうとやがて脳の働きを抑制しようとする効果が無くなり、不眠症となる危険もある為、注意が必要です。さらにアルコールによって眠る場合と通常の場合では睡眠の質も変わる事を知っておくと良いでしょう。

お酒が「強い」「弱い」の違いは?

大人になるとよく、「あの人はお酒が強い」とか「私はお酒が弱くて」といった話題が度々交わされます。年配の日本人の方には、お酒が強い事は凄い事だと思ている方もすくなくありません。しかし、「強い」とか「弱い」の違いは何かといった疑問を感じた方も多い事でしょう。アルコールは体内に入ると胃や腸から吸収され、大部分が肝臓に運ばれ、「アセトアルデヒド」という物質となります。「アセトアルデヒド」は体にとって有害物質で、顔が赤くなったり、頭痛や吐き気、二日酔いといった不快な症状の原因となります。「アセトアルデヒド」を分解するのが、「アルデヒド脱水素酵素(ALDH)」です。「アルデヒド脱水素酵素(ALDH)」には、「アセトアルデヒド」が低濃度の時に働くく「ALDH2」と高濃度で働く「ALDH1」があります。日本人の約4%は遺伝的に「ALDH2」を全く持っておらず、40%は持っていても働きが弱いと言われています。これにより、アセトアルデヒドが血中から消滅できず、少量で飲む事ができなくなったり、悪酔いしたりといった「弱い人」となります。そして、残りの56%は「ALDH2」の働きによりお酒を血中から消滅する事ができる為、「強い人」となります。「強いお酒をたくさん飲むと強くなる」といた説もありますが、あくまでも体質によるものの為、あまり効果は無いとの意見が多くきかれます。弱い方でも長期間飲み続けると多少は強くなっていくとの説もありますが、アルコール依存症やアルコール中毒の危険も伴うため、注意が必要とされています。<h4>酒はどうすれば強くなるのか?</h4>お酒が弱い方にとって、楽しいはずの飲み会などが、憂鬱な機会となってしまう事も少なくありません。ネット上や口コミでも、「お酒はどうすれば強くなるのか?」といった方法がいくつか取り上げられています。中でも多いのが「アルコール度数の強いものをたくさん飲む」「吐くほど強くなる」「毎日飲み続ける」などです。しかし、これらの方法は急性アルコール中毒になるリスクも多く、身体への負担が多い為、危険な行為と言われています。お酒が強い方と弱い方の大きな違いは体質にあると言われています。体内に入ったアルコールは、アセトアルデヒドという物質に分解されます。アセトアルデヒドが分解されないと、痛・吐き気・めまい・動悸など二日酔いの症状が引き起こされます。セトアルデヒドはアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に作り変えられます。そして、さらに炭酸ガスと水に分解されて体外へ排泄されます。このようにして血液からアルコールが消滅します。この作業に必要なのが、アルデヒド脱水素酵素の「2型」とよばれるものですが、日本人の4%は遺伝子的にこの酵素を持っていない、40%は持っていても働きが弱いと言われています。このような方は長期間に渡りお酒を飲む事で、多少アルコールに強くなるとされています。しかし、飲み過ぎは体へのリスクも大きい為、注意が必要です。最近はノンアルコール商品が豊富に揃っている為、無理せずにそれらを大いに利用するなどしても良いでしょう。

お酒を飲むと真っ赤なんで?

日本人は「お酒を飲むと真っ赤になる」「顔だけでなく腕や足もまだらに赤くなる」という方が多いと言われています。全然平気な方もいるのに「なんで?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。お酒で顔や体が赤くなるという方の場合、アルコールを分解する「アセトアルデヒド脱水素酵素」という物質が大きく関係しています。アルコールは体内に入るとほとんどが肝臓に運ばれます。肝臓に運ばれたアルコールは「アセトアルデヒド」という有毒性の物質になります。このアセトアルデヒドをアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に分解し、最終的には水分と二酸化炭素にして体外へ排出します。アセトアルデヒド脱水素酵素に欠落が有る場合、アセトアルデヒドが完全に処理されず血中に残り、血液を通して全身に運ばれてしまいます。これにより、頭痛や吐き気、赤ら顔や体が赤くなるといった症状が引き起こされます。二日酔いも体内で処理されずに残ったアセトアルデヒドによって起こる症状です。アセトアルデヒド脱水素酵素が欠落しているか正常かは遺伝的によるもので、日本人の約4%は欠落していると言われれています。お酒で顔が真っ赤ではないが桜色になるという場合は、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い方です。アルコールにより顔が赤くなる事をフラッシングといい、赤くなりやすい方をフラッシャーと呼びます。フラッシャーは日本人の他、韓国人や朝鮮人や中国人など東部アジア人に多いと言われています。