趣味

竹鶴政孝について

ニッカウィスキーの創業者である竹鶴政孝は「日本のウィスキーの父」とも呼ばれる人物の生い立ち

生い立ち

ニッカウィスキーの創業者である竹鶴政孝は「日本のウィスキーの父」とも呼ばれる人物です。1894年6月生まれの竹鶴政孝をモデルとした主人公の連続テレビドラマも放送され、生い立ちにも大きな注目が集まっています。竹鶴政孝は、広島県賀茂郡竹原町出身で四男五女の三男として生まれました。竹鶴家は製塩業・酒造業を手掛けており、政孝の父である敬次郎は高品質な酒造りを目指しながら、地元を吟醸名産地とする為に意欲的に取り組んでいる人物でした。父の影響を受け、高校の醸造学科で学んだ政孝は当時、洋酒業界大手の摂津酒蔵に入社します。摂津酒蔵は純国産のウィスキー造りを始める計画を立て、1918年に政孝をスコットランドのグラスゴー大学に留学をさせます。政孝は精力的にウィスキー造りを学び、蒸留場の見学や実習などを活動的に行いながらも、柔道を教えるなど充実した生活を送っていました。柔道を教えていたラムゼイ・カウンの姉であるリタ(ジェシー・ロバータ・カウン)とも知り合い、親交を深め結婚の約束をします。しかし、リタの家族から強く反対され、1920年に登記所で結婚の宣言する形で夫婦となりました。日本に帰国後、摂取酒蔵が資金難からウィスキー造りを断念した事で、政孝は摂津酒蔵を退社します。大阪の洋酒製造販売業者である寿屋(現在のサントリー)がウィスキーの国内生産を企画し、政孝を破格の待遇で採用します。しかし、スコットランドに似た風土でのウィスキー造りを目指した政孝は、社長の鳥井との考えとの違いから1934年に寿屋を退社します。その後、北海道余市町でニッカウィスキーを創業し、1979年に亡くなるまで、日本国内で本物のウィスキー造りを行う事に生涯情熱を捧げました。

留学

日本のウィスキーの歴史を語る上で、欠かす事ができないのが竹鶴政孝です。イギリス首相が来日した際に「一人の頭の良い日本の青年が一本の万年筆とノートでウィスキー製造技術の秘密を全部盗んでいった」と竹鶴を称賛したと言われる程の偉大な人物です。日本のウィスキーの父と言われる竹鶴政孝は、単身スコットランドに留学し、ウィスキー造りについて多くの事を学びました。竹鶴はグラスゴー大学では、有機化学と応用化学を専攻し、ウィスキーの蒸留工場にも積極的に見学に訪れています。「竹鶴ノート」と呼ばれる二冊のノートには、当時のウィスキー蒸留技術が綿密に記録されており、貴重な資料として今も大切に保管されています。醸造自習を積み重ねながら、詳細にウィスキー製造技術を記録していった竹鶴は、ポットスチルの内臓構造を調べる為に、専門の職人すら嫌がる釜の掃除も積極的に行ったと言われています。竹鶴は留学でウィスキー造りだけでなく、人生の大きな転機を迎えています。スコットランドで知り合ったリタと当時は珍しい国際結婚をし、同年日本に連れて帰国します。リタの家族から強い反対をされての結婚に加えて、帰国後は竹鶴の実家からも反対を受けますが、生涯にわたり互いに労り支え合う合う中の良い夫婦でありました。竹鶴がウィスキー造りの地と選んだ北海道余市はリタの故郷であるスコットランドにとても良く似た風景で、竹鶴のウィスキー造りの原点が常に留学先のスコットランドであった事を知る事ができます。

スコットランド

日本は世界五大ウィスキー産地の一つであり、スコットランドウィスキーがそのルーツと言われています。日本のウィスキー産業に大きな功績を遺したとして知られるニッカウィスキーの創業者が竹鶴政孝です。「日本のウィスキーの父」と呼ばれる竹鶴は、当時勤めていた摂津酒蔵の命により、1918年に単身でスコットランドにウィスキー製造技術を学ぶ為に留学をしました。翌年には、スペイサイドのロングモーン蒸留所でモルトウィスキーの製造自習を行っています。さらにグレーンウィスキーの製造実習を積み重ね、1929年にはキャンベルタウンでブレンド技術も習得しています。現在キャンベルタウンのウィスキー造りは衰退をしており、竹鶴が当時の様子を詳細に記録したノートは、ウィスキー産業が盛んだった頃の様子を知る貴重な資料となっています。摂津酒蔵を退社した後、寿屋(現サントリー)に入社し、ウィスキー造りを行った竹鶴ですが、ウィスキーの本場であるスコットランドに似た土地でのウィスキー造りを目指し、退社しています。その後、キャンベルタウンに良く似た風景の北海道余市で、本格的な国内ウィスキー造りを行った事からも、竹鶴がスコットランドに深い敬意と愛情を持っていた事を知る事ができます。

リタとの出会い

ニッカウィスキー創業者の竹鶴政孝は、当時では珍しい国際結婚をした人としても有名です。妻のリタとは、ウィスキー製造技術を学ぶ為に留学したスコットランドで知り合い、結婚後に一緒に日本へ帰国し、生涯を共にしました。グラスゴー大学に留学した政孝は、大学の女子学生であるエラに頼まれ、エラの弟のラムゼイに柔道を教えていました。ラムゼイの家はグラスゴー近郊にある開業医であり、リタはエラとラムゼイの姉でした。ラムゼイが縁となり、二人はすぐに親交を深めます。政孝は当時、ウィスキー造りを成功させなければならないというプレッシャーから、強いホームシックにかかっており、リタが政孝を支えたと言われています。確実に愛を育んでいった二人は、出会いから半年で結婚を誓い合います。しかし、二人の結婚にはラムゼイはもちろん、リタの家族が反対をしていたことから、二人は宣言だけの結婚式を行い夫婦となりました。結婚同年、政孝はリタを連れて帰国をしますが、日本の政孝の家族からも強い反対を受けるなど、リタにとってはつらい日々が続きます。逆境にもめげずに、政孝がウィスキー造りを続けられるように、英語とピアノを教えながら家計を支えたリタは、日本のウィスキー産業の発展にも欠かせない人物として現在も高く評価されています。

リタの銀貨と指ぬき

イギリスのクリスマスには、伝統菓子のクリスマスプディングを食べる習慣があります。クリスマスパーティーでは、クリスマスプディングの中に銀貨や指ぬき、指輪などを入れ、引き当てた人に幸運が訪れると言い伝えられています。それぞれに意味があり、銀貨を引き当てた人は金持ちになり、指ぬきを引き当てた人は幸せな人生を人生を送れ、指輪を引き当てた人は幸せな結婚ができると言われています。独身の男女の場合は銀貨と指ぬきを入れ、それぞれ引き当てた者同士が運命の相手とされています。「日本のウィスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝は留学先のスコットランドで、親しくなった開業医一家の長女リタとクリスマスプディングで銀貨と指ぬきを引き当てました。銀貨を引き当てた竹鶴と指ぬきを引き当てたリタは出会いから半年後に結婚し、生涯を共にしました。結婚当初は苦労の多かった二人でしたが、北海道余市に移り住んでからは、ニッカウィスキーも成功し、幸せな日々を過ごす事ができました。クリスマスプディングは、ドライフルーツがぎっしりと詰まったスポンジケーキのようなもので、洋酒がたっぷりと浸み込んだ菓子です。竹鶴政孝とリタをモデルにした連続テレビドラマの放送もあり、日本でもクリスマスプディングを楽しみたいという方が増えています。クリスマスプディングのレシピについてはネットでも数多く、本格的な物から簡単に食べやすくアレンジした物まで様々です。銀貨や指ぬきを入れてみるとパーティーをさらに盛り上げる事ができます。

リタの鐘

NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の主人公モデルとして注目されているのが竹鶴政孝とリタです。日本から遠いスコットランドで出会った二人の純愛とウィスキーにかける情熱は、多くの人を魅了し、高い人気となっています。竹鶴とリタをテーマにした小説も話題となっています。「リタの鐘がなる」は、竹鶴の妻リタを主人公にした小説で、日本で竹鶴を支え続けたリタの姿が描かれています。二人は当時珍しい国際結婚であった為、双方の両親から反対をされての結婚でしたが、生涯互いを思い合い共にしました。英語やピアノを教えて家計を助けていたリタは、戦争によりスパイ容疑がかけられるなど、日本での生活は数多くの苦労と困難があったと言われています。日本人女性以上で日本人らしく、内助の功で竹鶴を支え続けたリタの姿は、妻の鏡ともされています。本物のウィスキー造りにこだわった竹鶴は、40歳の時にリタの故郷であるスコットランドによく似た北海道余市に移りウィスキー造りを行っています。泣き言を決して言わなかったとされる竹鶴でしたが、リタが亡くなった時には涙を流し、部屋に閉じこもってしまったというエピソードも残っています。「リタの鐘がなる」の他にも竹鶴とリタに関する書籍は数多く出版されています。それぞれの視点から二人を生涯を知るのも興味深いでしょう。

リタ幼稚園の由来

日本のウィスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝ですが、その成功を大きく支えたのが妻のリタと言われています。ウィスキー造りを学ぶ為にスコットランドへ留学した竹鶴はリタに一目ぼれをし、出会いから半年で求婚をしています。竹鶴はリタが望むならスコットランドに留まる決心を固めていましたが、リタは政孝が必ず日本でのウィスキー造りを成功すると信じ、共に日本に帰国しました。大阪の寿屋でウィスキー造りを行っていた竹鶴ですが、本物のウィスキーを造る為に、スコットランドに似た気候風土の北海道余市に移り、翌年にリタを呼び寄せています。リタは故郷に似た余市を生涯こよなく愛したと言われています。余市にはリタに由来する場所が今も数多く残っています。リタ幼稚園は、リタが叔母の遺産を寄付した幼稚園で、リタの名が園名として今も残されています。厳格なクリスチャンであったリタは躾にも厳しい人であったと言われています。リタ幼稚園もキリスト教の人間観を土台とした教育の基、きちんとした躾と一人一人の個性を育てる教育を行っています。余市にはリタの名が付いたリタ教会もあり、リタの残した軌跡を楽しむ事ができます。余市はリタ故郷であるスコットランドのイースト・ダンバートンシャイア市(旧ストラスケルビン市)と姉妹都市となっており、余市の人々がリタを大切に思っている事を知る事ができます。