趣味

ニッカウヰスキーのシングルモルト

ニッカウヰスキーの由来

ウィスキー造りにこだわった竹鶴政孝は、本場スコットランドに似た気候風土の北海道余市にウィスキー工場を設立します。設立当初は余市特産の林檎を使ったリンゴジュースを製造していた為、社名を「大日本果汁株式会社」としていました。本物にこだわり続けた竹鶴はリンゴジュースにも一切の妥協を許さず、100%の物だけを製造販売しました。しかし、当時の消費者にはあまり理解されず、濁った物は飲めないと返品が相次いだ状態となりました。竹鶴は返品されたリンゴジュースを使ってリンゴの蒸留酒造りを行い、アップルワインなどのアルコール商品を製造販売します。これら林檎を使った商品が、熟成期間が必要なモルトウィスキーを販売できるようになるまでの間を支えたと言われています。その後、第一号ウィスキーを大日本果汁の「日」と「果」から「ニッカウヰスキー」と名付けて販売します。事業が大成功してからも、ウィスキー造りを支えた林檎への思いを忘れる事無く、1952年には社名も「ニッカウヰスキー」としています。竹鶴がこだわったリンゴジュースは、現在アサヒのバヤリースシリーズに受け継がれています。また、ニッカウィスキーのアップルワインやアップルブランデーは今現在も人気商品として幅広い年齢層に愛されています。

竹鶴酒造

「日本のウィスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝の実家として知られるのが竹鶴酒造です。江戸時代には塩田で栄えた広島県竹原市は、古くから製塩業や酒造業が盛んな町であり、昔からの歴史ある街並みが残る美しい土地としても有名です。竹鶴家も古くから「小笹屋」の屋号で酒造業を営み、その歴史は今も受け継がれています。小笹屋の歴史ある建物は、現在酒資料館として、一般公開されており、代々伝わる酒器や酒造りの道具などを観る事ができます。また、銘酒の試飲を楽しむ事もでき、酒好きに最適な観光スポットとなっています。朝の連続テレビ小説で竹鶴政孝をモデルとした主人公のドラマが放送されてから、竹鶴酒造や小笹屋酒の資料館にも大きな注目が集まっています。現在、竹鶴酒造の杜主を務める石川達也氏です。石川氏は、広島のラジオ番組で酒に関するコーナーを担当した経験もあり「日本酒界の大魔神」「酒ゴジラ」などのニックネームで親しまれています。竹鶴酒造の日本酒は「日本酒らしい日本酒」と称され、個性的で腰のある骨太の味わいを楽しむ事ができます。炭濾過をしていない酒は、しっとりとした酸と味わいで、料理との愛称も最適です。竹鶴政孝のルーツとも言える竹鶴酒造の純米酒はネット販売でも購入する事ができます。

余市ウィスキー

ウィスキーの父と呼ばれる竹鶴政孝は、生涯をウィスキー造りに捧げた人物として知られています。常に本物を追い求めこだわりつづけた竹鶴が作った「ニッカウィスキー」は、日本のみならず海外からも高い評価を得ています。竹鶴がウィスキー造りを学んだスコットランドはモルトウィスキーの名産地として名高い地です。本場のスコットランドに似た気候風土がウィスキー造りに最も適した地であると考えた竹鶴は、北海道余市にウィスキー蒸留工場を設立します。これが現在のニッカウィスキーの前身であり、麦芽だけを使用した第一号モルトウィスキー「ニッカウヰスキー」が造られました。モルトウィスキーの中でも一つの蒸留所だけで造られたものをシングルモルトウィスキーと呼びます。現在では様々な銘柄のあるニッカウィスキー商品ですが、「余市」は余市の蒸留所だけで造られたモルトウィスキーだけで造られたシングルモルトウィスキーです。広島出身で大阪でウィスキー造りを行っていた竹鶴が、こだわり選び抜いた遠い地で造られた「余市」にはウィスキーに懸けた特別の思いが受け継がれています。じっくりと熟成させた奥深い味わいは、世界最高のウィスキーとして認められ、ウィスキーファンならずとも一度は飲んでみたいウィスキーと言われています。

大日本果汁

ウィスキー造りに生涯を捧げた偉人として知られる竹鶴政孝は常に本物を追求した人物としても知られています。ウィスキーの本場であるスコットランドに留学しウィスキー造りを学んだ竹鶴は、スコットランドに似た気候風土の北海道でのウィスキー造りにこだわりました。熟成が必要なウィスキーが出荷できるまでの間、資金源とする為に余市特産のリンゴでジュースを作る事を計画した竹鶴はこの地に「大日本果汁」を設立します。大日本果汁は、傷のあるリンゴもひとつ残らず買い取った為、多くのリンゴ農家が買取に押し寄せ、長い列ができたと言われています。しかし当時はまだ100%リンゴジュース飲む習慣が無く、本物にこだわったリンゴジュースはあまり理解されませんでした。その為、濁ったリンゴジュースの返品が相次ぎ、大日本果汁は返品のリンゴジュースで溢れていたと言われています。竹鶴は返品されたリンゴジュースから蒸留酒を造り始めます。これらは、アップルワインやアップルブランデーとなり、現在でもニッカの人気商品となっています。その後、熟成期間に6年間を費やした第一号ウィスキー「ニッカ」が発売されます。「ニッカウヰスキー」は大日本果実の「日」と「果」から名付けられ、後の社名となっています。

竹鶴政孝とニッカウヰスキー

ウィスキー造りに生涯を捧げた人物が竹鶴政孝です。竹鶴は当時勤めていた摂津酒蔵の命により24歳の時に単身スコットランドに留学し、ウィスキー製造技術を学びました。後に日本に来日したイギリス首相が「日本の頭の良い青年が、一本の万年筆とノートで我が国のウィスキー造りの秘密を全て盗んで言ってしまった」と発言したと言われています。これは、竹鶴への称賛であり、スコットランドでのウィスキー造りにかける情熱と成果が素晴らしいものであった事を知るエピソードでもあります。常に本物を追い求めた竹鶴は、破格の待遇であったサントリーを10年で退社し、スコットランドに似た気候風土の北海道余市でウィスキー造りを始めました。1940年には第一号ウィスキーの「ニッカウヰスキー」を発売します。ウィスキーはじっくりと熟成させなければならず、第一号「ニッカウヰスキー」も熟成期間に6年間の歳月を費やして造られました。当時、熟成を待つ間の収入源とする為にリンゴジュースを作る計画をした竹鶴は社名を「大日本果汁」と名付けました。この社名の「日」と「果」を取り、第一号ウィスキーを「ニッカウヰスキー」と名付けています。「ニッカウヰスキー」の名には、竹鶴の情熱とこだわり、それまでの集大成が込められており、後に社名としています。日本が世界五大ウィスキー産地として世界的に広く知られ、高い評価を得ている背景には、竹鶴が常に本物を追い求め続けた功績が大きいと言われています。

竹鶴政孝とサントリー

日本でウィスキーが広く普及した背景にはサントリーの功績が大きいと言われています。戦後、それまで高級とされてきたウィスキーをソーダで割る「ハイボール」という飲み方を提案し、飲食店産業を中心に広く普及させていきました。数多くの銘柄が揃うサントリーのウィスキーですが、中でも「山崎」は人気の高い銘柄です。山崎は国産第一号の蒸留所である大阪大阪府三島郡島本町山崎にある山崎蒸留所で生産されています。この山崎蒸留所は日本のウィスキーの父と言われる竹鶴政孝が工場長を務めたとしても知られています。勤めていた摂津酒蔵が不況による資金難となり、退社した竹鶴をサントリーの前身である寿屋社長の鳥井信治郎が厚い待遇で迎え入れました。竹鶴は山崎蒸留所でウィスキー造りを行い、1929年に日本初の国内産ウィスキー「白札」を製造販売します。その後、ウィスキー造りには本場スコットランドに似た気候風土の北海道が最適と考える竹鶴は、10年でサントリーを退社しました。退社後、余市でニッカウィスキーの前身である「大日本果汁」を創業し、生涯ウィスキー造りに情熱を傾けました。竹鶴政孝をモデルとした主人公の連続ドラマも大人気で、日本でも再びウィスキーが高い注目を集めています。若い女性ファンも増えており、今後さらなる需要の伸びが見込まれています。

竹鶴の名がついたウィスキー

近年はシングルモルトウィスキーが世界的に高い人気となっていますが、ブレンデットウィスキーで様々な違いを味わう楽しみもあります。熟練のブレンダーの技によりブレンドされたウィスキーは、それぞれの素晴らしい個性を味わう事ができます。異なる蒸留所で作られたモルトウィスキーをブレンドしたピュアウィスキーもシングルモルトウィスキーとは一味違った素晴らしい味わいを堪能する事ができます。ジャパンウィスキーを世界トップクラスにした人物として知られる竹鶴政孝は、ウィスキー製造技術はもちろんの事、素晴らしいブレンド技術を持つブレンダーでもありました。日本では、重厚な味わいのピュアモルトウィスキーよりもスッキリした味わいのブレンデットウィスキーの人気が高く、ピュアモルトウィスキーは「癖が強いと」いった意見も少なくありませんでした。竹鶴は多くの日本人の本物のウィスキーの味わいを知ってもらいたいとの思いから、違う蒸留所のモルトウィスキーをブレンドしたウィスキーを作り上げます。それまでのピュアモルトウィスキーには無い飲みやすさでありながら、豊かで奥深い味わいは竹鶴の本物へのこだわりとブレンド技術の技から生まれたと言われています。このウィスキーは「竹鶴」との名付けられ、現在でもニッカウィスキーを代表するウィスキーとして世界的に高い人気となっています。日本ではピュアモルトウィスキーは大人の男性が飲むアルコールといったイメージが強く持たれていました。しかし、近年ではピュアモルトウィスキーファンの女性も急増しており、料理と一緒に楽しむ方も増えています。