趣味

バーで最も注目を集める花形職業バーテンダー

男性の職業といったイメージの強いバーテンダーですが、近年は女性バーテンダーも急増しており、注目を集めている職業の一つでもあります。

バーテンダーに向いてる人

優雅な動作から次々とカクテルを作り出すバーテンダーは、バーで最も注目を集める花形職業と言えます。男性の職業といったイメージの強いバーテンダーですが、近年は女性バーテンダーも急増しており、注目を集めている職業の一つでもあります。これからバーテンダーを目指す人にとって、自分は向いているのかどうかはとても気になるところでしょう。バーテンダーに向いている人の適性として、良く言われるのがたとえお酒が飲めなくても、好きであるという点です。また、向上心や探究心が高く、より良いものを作り出し、技術を極めたいという人に向いていると言われています。バーテンダーは客とのコミュニケーションが必要とされる職業の為、様々なタイプの人と会話を楽しむ事ができるのも大切な適性です。優雅で華やかなバーテンダーですが、一晩中立っている事も多く、かなりの体力が必要とされます。バーテンダーには努力家の方が多く、陰でこっそりと技術向上に努めているという方も少なくありません。バーテンダーの中には、様々な店を渡り、修業を積んでいく方も多くいます。日本人バーテンダーの技術力やセンスは世界から高く評価されており、本場アメリカのバーで活躍するバーテンダーも増えています。バーテンダーを主人公にしたマンガも世界的にヒットしており、今後も日本人バーテンダーに高い注目と期待が持たれています。

バーテンダーの向き不向き

優雅で上品に夜のお酒を楽しみたいという場合、バーを訪れるという方も多いでしょう。近年はバーテンダーを憧れの職業に挙げる人も増えており、女性にも人気の職業となっています。様々な職業にそれぞれ向き不向きがあるように、バーテンダーにも向き不向きがあると言われています。バーテンダーは、カッコよく目立ち立という方に向いている職業の一つとされています。しかし、それだけでは務まらない厳しい職業とも言えます。バーテンダーの仕事は、きめ細かかな作業、流れるような優雅な動き、客の様子を観察する洞察力、サービス精神なども必要とされます。さらに数多くのカクテルレシピを覚えなければならない為、努力も必要です。バーテンダーは動作一つ一つが注目を集める為、極度のあがり症の方にはあまり向かないとされています。対人恐怖症の方、立ち仕事が苦手、夜の仕事は体力的に辛いという方にもあまり向いていない職業です。バーテンダーの多くはアルバイトからのスタートとなるケースが多く、収入が安定しないケースも見られます。正社員として安定した収入を確立したいという場合、ホテル勤務として採用されバーテンダーとなるなども道があります。素晴らしいバーテンダーは客との会話の中から、最適なカクテルを選び出す事ができると言われています。美しいカクテルにぴったりの華やかで優雅な動きと「おもてなし」の心配りなど最上級のサービス力が要求される職業の一つとされています。

バーテンダーの苦労話

トム・クルーズの大ヒット主演映画「カクテル」で日本でも高い注目を集めるようになった職業がフレアバーテンダーです。華やかなパフォーマンスから作り出される美しいカクテルは、多くの人を魅了し、バーテンダーに憧れる方も多くいます。しかし、バーテンダーは高い技術力はもちろんの事、豊富な知識、接客技術、体力など様々な事が要求される仕事でもあります。その為、数多くの苦労話を持つバーテンダーも少なくありません。これぞバーテンダーと言われるような技術は毎日の地道な練習があって、初めて身に付きます。失敗が許されない為、熟練のバーテンダーでも技術向上の為に毎日欠かさずに練習を行っているという方も多くいます。初心者バーテンダーの場合は、ショートカクテルをスムーズに運ぶのに苦労したという話もあります。また、お酒が入ると人が変わったようになってしまう客への対応に苦労したというバーテンダーもとても多くいます。カクテルを飲み慣れていない女性客の場合、突然酔って倒れてしまう人も多く、さりげなく様子を観察しながらアルコールを提供しなければならないといった苦労も多いと言われています。独立開店をしているバーテンダーの場合は、資金面、経営面、集客などに関する苦労などもつきものです。夜の華やかな世界を多くの客が楽しめるのは、バーテンダー達の苦労があってのものと言えるでしょう。

女性バーテンダー

一昔前までは、バーテンダーといえば男性の職業といったイメージが強く持たれていましたが、近年では多くの女性バーテンダーが活躍しています。女性バーテンダーがいる店を探して訪れるという客も多く、今後益々の需要が期待されています。女性バーテンダーが人気の理由の一つに、きめ細かで行き届いたサービスが挙げられます。女性の目線から作られたカクテルは、色や味の良さに加えて、飲みやすさなど多くの気配りが加えられている事が多いと言われています。また、女性ならではの柔らかな雰囲気に癒されるという客も少なくありません。特に女性の一人客にとっては、女性バーテンダーがいる店は入りやすく、居心地が良いと感じる方がとても多く、高い人気となっています。最近では、女性バーテンダーだけの店も増えており、女性客が気軽に利用できるよう、様々な工夫がされている店もあります。若い男性でバーの利用が慣れていないという方も、女性バーテンダーのいる店の方が利用しやすいと感じる方が多いと言われています。敷居が高いと感じる人が多いバーでは、初心者にはわかりづらいルールやマナーなどを気にして、ゆっくりとお酒を楽しめないと感じる人も多いとされています。また、初めてバーを利用した客の中には、男性バーテンダーから「冷ややかな対応を受けたと感じた事がある」という意見もきかれます。一方、女性バーテンダーの場合はさりげなく注文の仕方や飲み方についてアドバイスをしてくれるなど行き届いたサービスに感激したという意見も多くあります。積極的に女性バーテンダーを採用する店も急増しており、今後もさらに増えると予測されています。

日本のバーテンダーのレベル

世界的にも日本のバーテンダーの技術力とサービス力は高水準と言われています。日本のバーテンダーの多くは、丁寧に一杯のカクテルを作る人が多く、常に最高の味わいで飲んでもらえるよう細かな気配りが行われています。氷の割り方一つ一つにもそれぞれのカクテルに最適な形に削ったり、氷が早く融けないような工夫が行われています。また、指紋一つついていない美しく磨かれたグラスが使用されるなど、日本人のバーテンダーの心配りは「おもてなしの心」に溢れていると言われています。様々なカクテルを創作する世界的コンクールでも日本人バーテンダーは高い評価を得ています。日本人バーテンダーの考案したカクテルが世界的に人気となるなど、独創性やオリジナリティでも世界高水準のレベルと言われています。華やかなパフォーマンスでバーを盛り上げるフレアバーテンダーも世界大会やアジア大会で受賞歴を誇る日本人バーテンダーが増えています。海外の有名バーや名門バーで活躍する日本人バーテンダーも数多くいます。近年は「家飲みブーム」と言われており、バーを訪れる顧客も減少傾向にあると言われています。しかしながら、バーで飲むカクテルは、家庭で作る物とは全く違った一杯を味わう事ができます。これぞバーテンダーといった技術とサービスで作られたお酒を楽しむ事で、さらなるお酒の魅力を知る事ができます。

バーテンダーへのチップ

バーでお酒を飲んだ際に気になるのが、バーテンダーへのチップです。特に初めてバーでお酒を飲むという方にとっては、チップを上げた方が良いかどうかはとても気になるところでしょう。一般的にはサービス料が含まれているバーでは、レストラン同様にチップは不要と言われています。また、サービス料が無い場合でも日本のバーならチップを払う必要はないとの意見が多くなっています。バーテンダーの多くは、チップはもらえたらうれしいが、それよりもまた来店してもらいたいと思っています。チップを払うという人の場合、金額は人により様々です。小銭程度から千円前後といった意見が多くなっています。人によっては一万円以上という方もいますが、あまり高額なチップは受け取った方のバーテンダーも困惑気味となります。バーテンダーに親切にしてもらったり、うれしいサービスをしてもらったといった際には、お釣りをチップとして受け取ってもらう程度でよいとの意見が多くなっています。チップを気にするより、店の雰囲気に合った服装で、マナーを守り、バーテンダーと積極的にコミュニケーションを取る方が喜ばれます。泥酔する程飲む、騒ぐ、品の無い行いをする、知ったぶりをするなどの態度をとる客からは、たとえチップを貰えても二度と来てほしくないと思うバーテンダーの方が圧倒的に多くなっています。