Home > 丼ものの代表といえば?

牛丼のルーツ




天丼にかつ丼、親子丼など忙しい時やがっつり食べたい時にぴったりなのが丼ものメニューです。
丼ものは定番ものから一風変わった斬新なものまで和食・洋食・中華とさまざまですが、やはり丼もの代表と言えば牛丼という方も多いでしょう。

大手牛丼チェーン店の価格競争や牛丼販売中止・再開といった事柄がニュースで大々的に取り上げられるなど、日本人の食生活と牛丼は大きな結びつきがあるといえます。
仕事や家事に追われて食事の準備ができていないといった時、夜中にお腹が空いて仕方がないといった時などにも牛丼チェーン店が近くにあれば、店内での食事はもちろん、持ち帰りもできて便利です。

家庭でも手軽に作る事ができる牛丼ですが、お店の味を再現するのはなかなか難しいと言われています。
無性にどうしてもお店の牛丼が食べたいといった時に役立つのが牛丼通販です。

吉野家・すき屋・松屋といった三大牛丼チェーン店の具が冷凍保存でき、いつでも好きな時に簡単に食べる事ができます。
どれか一つに選べないという方向けに三社の商品と食べ比べできる牛丼通販セットなどもあります。

大人も子供も大好きな丼ものの代表である牛丼通販の商品なら、お中元やお歳暮などの贈り物にしても喜ばれます。
松坂牛や最高級黒毛和牛を使った高級品の牛丼通販もあり、食にこだわりのある方やリッチな贈り物をしたい時などに活用する事ができます。


お昼といえば牛丼というサラリーマンも多く、今や日本人の食生活に欠かせない丼ものといえます。
全国的にファーストフードとして親しまれるようになったのは1973年に吉野家がフランチャイズチェーンを展開した事によります。

牛丼のルーツは牛鍋によると言われています。
牛鍋は1862年に横浜入船町の居酒屋「伊勢熊」が日本初の牛鍋やとして店の半分を仕切って開業したとされています。

当時は豆腐や白滝を入れずに葱だけを入れ味噌仕立ての牛鍋でした。
その後、醤油や砂糖を使った割り下で食べる牛鍋となり、白菜や豆腐、白滝などを入れる現在のすき焼きへと変化していきました。

牛肉をご飯と一緒に食べる現在の牛丼は「牛飯」や「かめちゃぶ」と呼ばれ浅草などで人気となっており、玉ねぎと牛肉で作る現在の牛丼スタイルへと進化していきました。
「牛丼」という言葉は吉野家創業者の松田栄吉氏によるものと言われており、玉ねぎを使った牛丼が一般的となったのも吉野家による功績と言われています。

まさに牛丼を日本に広めたルーツともいえる吉野家の牛丼を家庭でも手軽に楽しみたいという方にぴったりなのが牛丼通販です。
吉野家はもちろん、すき屋や松屋など牛丼大手チェーン店の牛丼通販でお店の味を自宅でいつでも味わう事ができます。

牛丼通販なら食べ比べを楽しんだり、お店の味に自分流の味をさらに加えてアレンジする事もできます。