Home > 旬はいつ?

天然の魚は旬のもの




技術の進歩によりスーパーやデパートでは旬を問わずに一年中様々な食材を購入する事ができます。
しかし、天然の魚は旬のものとそれ以外の季節のものとでは大きく味が異なります。

冬が旬の魚の中で、特に人気が高いのがふぐです。
ふぐは「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われ、ふぐ料理専門店の中にはそれ以外の季節にふぐを出さない店もあります。

特に産卵期前の二月頃は身も白子も絶品で天然物は高い人気となっています。
家庭で冬が旬のふぐを楽しむなら寒い季節にぴったりのふぐ鍋が手軽で最適です。

ふぐ鍋に冬が旬のネギや白菜などの野菜をたっぷり加えれば野菜からの旨味の栄養もたっぷり食べる事ができます。
ふぐ鍋に欠かせないのがポン酢ですが、ふぐにぴったり合うように作られたふぐポン酢なども販売されています。

家庭でふぐ鍋にぴったりなポン酢を手作りという方はインターネットを活用すればふぐポン酢の作り方を知る事ができます。
自分の好みに合わせてアレンジしても楽しいでしょう。

ふぐ料理は山口県や大阪府など西日本が中心で食べられていた料理で、数多くのフグ料理店があります。
山口県や北九州市ではふぐをふくと呼び、大阪府ではテツやテッポウと呼びます。

大阪ではふぐ鍋を注文する場合は「てっちり」、ふぐの刺身は「てっさ」といって頼むと良いでしょう



独特のフグ肉

高級食材としても人気のふぐは肉はもちろん、骨や皮も貴重な食材として使われます。
フグの骨と昆布を煮ればフグの旨味がつまった美味しいだし汁となり、フグ肉や野菜を入れて食べるふぐ鍋のだし汁としても使われています。

ふぐ鍋の後の汁で作るフグ雑炊はふぐと昆布、そして野菜から出た味がぐっと詰まった美味しさを堪能する事ができます。
淡白な味わいなのに甘味があるフグ肉を味わうならフグ刺しが最適です。

独特の弾力があるふぐ肉はフグ引き包丁とよばれる特殊な包丁で薄く引きます。
他の白身魚の刺身はワサビと醤油で食べるのが一般的ですが、フグ刺しはポン酢に薬味として紅葉おろしや万能ねぎを食えて食べます。

箸で数枚を一度にすくって食べる点も他の白身魚とは異なる独特な食べ方です。
フグ刺しの楽しみはその味わいはもちろんの事、薄く引いたフグ肉の美しく盛り付けられたもあります。

丸い皿に円盤状に盛り付けられた「べた盛り」が一般的ですが、「鶴盛り」、「菊盛り」、「孔雀盛り」、「牡丹盛り」など工夫を凝らしら美しい盛り付け方もあります。
ふぐ鍋やフグ刺し以上に高級で冬の味覚と言われるのがフグの白子です。

産卵前の二月頃がもっとも多しいといわれるフグの白子は高級食材でもあります。
記念日など特別な日の特別な料理にもふさわしい食材です。

ファミリーでふぐを楽しむなら家庭で手軽に作りやすいふぐ鍋が最適でしょう。