Home > サツマイモの種類

秋ならではの楽しみ




食欲の秋とも言われるように、秋は美味しい食品が目白押しの季節です。

中でもサツマイモは子供からお年寄りまで幅広い年齢に人気の食品です。

一口にサツマイモいっても、種類も豊富でそれぞれ味や食感が異なります。

関東地方でもっとも多く出回るのが紅あずまです。

ほくほくした味わいは天ぷらや大学芋にもなど幅広い料理にも向いています。

「東の紅あずま、西の高系14号」と言われますが、西日本では高系14号が多く作られています。

高系14号が品種改良され、徳島県「なると金時」、石川県「五郎島金時」、鹿児島「べにさつま」のようにそれぞれの地方ブランドとして作られているものも多数あります。

果肉が黄色でや肝にするとほくほくと甘くなります。

鹿児島県の種子島特産のさつまいもとして有名な安納芋があります。

安納芋は果肉がオレンジ色や強い黄色をしています。

安納芋の特徴と言えば濃厚な甘さとクリームのような滑らかさです。

特に安納芋の焼き芋は、スイーツとしても十分な満足を得る事ができます。

和菓子や洋菓子に使われる事が多い紫芋はにもアヤムラサキ、パープルスイートロード、種子島紫があります。

色々なサツマイモを食べ比べてみるのも秋ならではの楽しみと言えるでしょう。