Home > さまざまな軟体動物

軟体動物の代表




地球上には様々な生き物が生存しており、中には摩訶不思議な生き物も多数存在しています。
特に海の中には他ではなかなか見られない特徴的な生物が数多く生きています。

まだまだ謎が多いと言われる海の生き物の中でも軟体動物は身近に見る事ができる不思議な生き物といえます。
軟体動物の代表といえば、イカとタコで大好物という方も多いでしょう。

軟体動物には様々な種があり、約11万種が知られています。
大きさや体系も様々で、小さな物は1mmに満たない物もあります。

大きなものでは体調20m以上にもなるダイオウイカが良く知られています。
カラスガイ、シジミといった二枚貝類も軟体動物に属します。

愛らしい姿が人気のクリオネの他にウミウシ、ナメクジなども軟体動物です。
たこ焼きやたこ飯など日本では食用として親しまれているたこは、中国や韓国、フランス、スペイン、ハワイなど数多くの国でも食材として食べられています。

日本で新鮮なたこを味わうなら、刺身や寿司、カルパッチョそしてたこしゃぶなどが最適です。
たこしゃぶはあまりなじみがないという方もすくなくありませんが、家庭でも手軽に作れる料理です。

お刺身で残ってしまったたこをたこしゃぶにすれば、二度美味しく味わう事ができます。
何時もとちょっとかわった鍋料理を楽しみたいという時にもたこしゃぶには最適な鍋料理となります。



「たこ派」と「いか派」はどっちが多い?

海に住む軟体動物の中でもたこといかはなじみの深い生き物です。
食材としてはもちろん、観賞用として楽しむ方も少なくありません。

どちらも食べて美味しいのはもちろん、釣っても楽しいと釣り人にも大人気の生き物でもあります。
「たこ派」と「いか派」はどっちが多いか?といった質問はインターネットでも多く、それぞれに釣りの楽しみ方から美味しさ、見た目などで様々な意見があげられています。

寿司ネタとして比べた場合、明石のたこに代表されるようにたこの方が高級といったイメージが強いとの意見が多く聞かれます。
お正月料理にたこが欠かせないといった家庭も多くあります。

一方、調理法方法としてはいかの方が様々にアレンジしやすいといった意見も聞かれます。
また、冷凍保存しても味が落ちにくくいとの意見も多くあります。

たこもいかも旬の新鮮なものは甲乙つけがたい美味しさです。
新鮮な食材ならではを味わうなら刺身や寿司が最適です。

また、たこはたこしゃぶで食べるのも美味です。
薄くスライスした新鮮なたこをさっと熱湯に通して食べるたこしゃぶは、「たこは噛み切れなくて苦手」という方にも適した食べ方です。

何時もと違ったたこの味わい方を楽しめるたこしゃぶは来客へのもてなし料理としても使えます。
たこしゃぶを食べた事がないという方も多く、たこ派の方はもちろん、いか派の方にも最適な一品となります。