Home > 天野喜孝といえばゲーム

天野喜孝 三国志



イラストレーター界の世界的鬼才と称される天野喜孝氏が描き下したとして話題となったのがソーシャルゲーム「大戦乱!!三国志バトル」です。
「大戦乱!!三国志バトル」はgloopsの「Mobage」で配信中のゲームで数百名に及ぶ三国志の武将や軍師を仲間にして自分だけの部隊を作り、連合軍同士で競い合うというリアルタイムバトルゲームです。

数々の有名なイラストレーターや漫画家が描いた美しい絵柄のカードも多く、多くのファンを持つゲームとして知られているが、2012年12月に天野喜孝氏の描いた「孫権」は世界からも高い注目を集めました。
世界各国に熱狂的なファンを持ち、高い評価と支持を得ている天野喜孝氏の描く三国志武将は、天野氏の持ち味である繊細で幻想的、美しく力強いキャラクターと世界観が描かれています。

三国志武将は数多くのイラストレーターや漫画家、画家により描かれてきました。
また、映画やアニメ、ゲームなどでも多くの作品が制作されてきました。

今回、天野氏が三国志武将を新たに描いた事で、さらに三国志への関心や人気が高まったとも言われています。
若い世代の中には、今まで中国の歴史には興味がなかったという方が、天野氏のイラスト作品やこのゲームをきっかけに三国志を学んだという方も多くいます。

ゲームやイラストは気軽に歴史を学ぶ一つのきっかけとなっていると言えるでしょう。



天野喜孝風に安価絵描く

ネット愛用者の中にはアンカ遊びで盛り上がっているという方も多いでしょう。
また、安価絵で楽しんでいるという方も多くいます。

日本を代表するイラストレーターでる天野喜孝氏は、ファイナルファンタジーのキャラクターデザインの生みだした方で、国内外に熱狂的なファンを持つカリスマ的存在です。
天野氏から影響を受けたイラストレーターやアーティストも多く、常にその作品や動向が注目の的となっています。

そんな天野喜孝風に描かれた安価絵も多くあります。
天野氏の作品と言えば、美しく繊細で幻想的なものが多く見られます。

若干15歳でタツノコプロでキャラクターデザインに関わってきた天野氏は、ヤッターマンに代表されるコミカルで愛嬌あるキャラクターも手掛けています。
幅広い視野と独自の優れた視点から生み出されるキャラクターの数々は、常に人気となり、美術的にも優れた高い評価を得ています。

天野喜孝風に描かれた安価絵の多くも、絵師たちが天野氏を尊敬し、敬愛の意を感じさせる作風となっています。
中には本当に天野氏の作品ではないのかと思わせるほど素晴らしい作品もあります。

自分も天野氏風の絵を描いてみたいという方も多く、数多くの人が年代や性別を問わず、天野氏の作品に魅了されていると言えるでしょう。