Home > 痩せ型の着こなし術

体に合ったサイズの洋服選び



低身長で痩せ型の男性の場合、着こなしを失敗するとプアーな印象を与えかねません。
特に痩せているのを隠そうとダボダボしたトレーナーなどを着てしまうと、逆に痩せている事を強調しかねません。

低身長で痩せ型の場合、体に合ったサイズの洋服選びが大切です。
特にトップスは印象を大きく左右します。

シャツやジャケットは肩幅に合った物を選ぶようにするとよいでしょう。
低身長の場合、ロング丈の物を着てしまうとさらに身長の低さを強調してしまいます。

腰丈、ベルト丈の物を選ぶようにします。
首回りにボリュームを持たせると視線を上に持っていく事ができ低身長をカバーする事ができます。

首回りにボリュームがあるプルオーバーなども良いでしょう。
Tシャツの上にベストやダンガリーシャツなどを羽織ると痩せ型をカバーする事ができます。

上半身をキレイ目カラー、下半身をダーク系でまとめると視線を上に集めやすく、効果的です。
全身に使用するカラーを限定し、襟元などにキレイ目カラーのシャツなどを刺し色にして上半身と下半身に統一感を持つようにすると良いでしょう。

ボーダー柄は痩せ型をカバーしてくれる効果がありますが、低身長の場合はポイント的にインナーに活用し、見える部分を少なくすると効果的です。